お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。
投稿日:
OS::Windows
  1. コントロールパネルから資格情報マネージャーを開く
  2. NASの資格情報を消す
  3. 開いているエクスプローラーを全部閉じる
  4. コマンドプロンプトを起動する
  5. net useと入力してログアウトしたいNASのネットワーク名を控える
    net useを叩いた結果
  6. net use 削除したいNASのネットワーク名 /deleteを入力する
    削除コマンドを叩いた結果
  7. エクスプローラーからNASを開くと再ログインの要求が出る
    1. ログアウトできていないときはF5リロードしたり何度かエクスプローラーを再起動するとたぶん行ける
投稿日:
OS::Linux::Ubuntuソフトウェア::その他

確認環境

Env Ver
Ubuntu 22.04.3 LTS
samba 4.15.13

やり方

# sambaの導入
sudo apt install -y samba

# sambaユーザーの作成
export $NEW_USER=hoge
sudo useradd -s /usr/bin/zsh $NEW_USER
sudo passwd $NEW_USER
sudo mkdir /home/$NEW_USER
sudo smbpasswd -a $NEW_USER

# 必要最低限の設定を突っ込んでおく
sudo cp ~/.nanorc /home/$NEW_USER
sudo cp ~/.zshrc /home/$NEW_USER
sudo cp -R ~/.zsh /home/$NEW_USER
sudo chown -R $NEW_USER:$NEW_USER

# 元の設定退避
sudo cp smb.conf smb.conf.default
# 設定追加
cat <<EOF | sudo tee -a /etc/samba/smb.conf
[$NEW_USER]
path = /home/$NEW_USER/
browsable = yes
writable = yes
guest ok = no
read only = no
create mask = 0644
directory mask = 0755
EOF

シンボリックリンクを使えるようにする

[global]セクションに以下を追記する

unix extensions = no
wide links = yes
投稿日:
OS::Linux::コマンド

コマンド体系が独特なので毎回忘れる。使い方はman findで出す。find --helpしてもマニュアルは出てこない

目的 コマンド
通常検索 find . -name "*hoge"
正規表現検索 `find . -type f

typeで指定できる内容は以下の通り

type 内容
b block (buffered) special
c character (unbuffered) special
d directory
p named pipe (FIFO)
f regular file
l symbolic link
s socket
D door (Solaris)

正規表現で検索するオプションもあるようだが、直感的でないのでgrepで絞ったほうが早い。

投稿日:
OS::Linux::コマンド

シェルスクリプトを書く際のshebangは#!/bin/shと書くことが多いと思うが、必ずしもbashで動作するとは限らないので、bash拡張構文を利用しているケースでは#!/bin/bashと書いた方が良い。例えばUbuntuではdashが起動するケースがあり、スクリプトがコケることがある。

というか取り敢えず#!/bin/bashと書いておき、いざ動かなくなってから考えたほうが良いと思う。