お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

メインマシンのスペックが良すぎるせいで、サブマシンは二年近く起動もされず置物同然になっていたのだが、やはり活用したいということである程度テコ入れすることにした。

正直スペック的に大きな不満があったわけではなかったのだが、サブマシンに使っているコンポーネントの終わりが来る前にアップデートしておこうというのでやった感じだ。しかし今回は予期せぬトラブルに見舞われ、予想外の疲弊を味わうことになった。

更新内容

更新前後での変化としては以下の内容になる。CPUをAthlonからRyzen 5にし、16GBだったメモリを32GBに、マザーボードを新しくしたという内容だ。これはAM5の誕生からしばらく経ち、AM4がそろそろ消えそうだなというのと、メモリもDDR5が出て随分経ち安くなっていたのでついでに増やしてしまおうというのが大きな理由だ。マザボを更新した理由については、主に今回発生したトラブルのせいである。

構成 更新前 更新後
OS Ubuntu 22.04.2 LTS 変更なし
CPU AMD Athlon 200GE AMD CPU Ryzen 5 5600G
MEM G.SKILL F4-2666C19D-16GNT CFD W4U2666CS-16G
M/B ASRock A320M-ITX ASRock A520M-ITX/ac
CPU Cooler Cooler Master Hyper H412R 変更なし
PSU SILVERSTONE SST-ST30SF-V2 変更なし
Primary SSD Crucial P1 CT500P1SSD8JP 変更なし
Case Thermaltake Core V1 変更なし
Front Fan Thermaltake Pure 20 変更なし

元々はCPUとメモリだけのアップデートで済ます予定だったのだが、二年近く置物になっていたためマザボが死んでおり、マザボまで更新する羽目になってしまった。しかし幸い15k程度で入手できたので良かった。流石ASRockといったところだ。

元々アップデートする予定だったコンポーネントたち

マザーボードの急逝

CPUとメモリを入手し、いざ組み付けて起動しようとした時だ、何故かPOST画面が出ない。BIOSのバージョンが古いと5600Gには対応していないようだったのでBIOSを更新すればいいかと構成を元に戻してみるもPOST画面が出ない。CPUを抜いたりメモリを一本だけにしたり、別のメモリに差し替えてみたり何をしても出ない。ただCPUとケースファンだけは回っていた。

CMOS電池の寿命切れを疑ってみるものの、これがなくてもPOST画面は出るはずで、試しに抜いてみたが挙動は変わらない。メモリを刺しているとファンが高速回転と減速を繰り返し、無限に再起動し続けるという奇妙な挙動になっていた。

メモリの故障は考えづらいし、CPUが多少壊れていても経験上OS起動まではいくので、マザーボードの故障を疑った。ググった限りもそんな気がしたので、じゃんぱらの中古査定に出してみることにした。どうせうちの環境ではもはや動かないので、せめて中古査定で動けば売ってしまって、その金で新品を買う足しにしようという考えだ。

しかし結果は動作せず買取不可ということでマザボの故障で確定してしまった。

マザボが死んだ理由は謎だが、気になる点としてはCMOSクリアピンにジャンパーが何故か刺さったままになっており、二年近くこれが刺さったままだったと考えると何かしら破壊に繋がる作用があっても不思議ではないなと考え諦めることにした。

パット見ではチップセットから謎の液染みみたいなのが出ているように見えるので、壊れているのはこれが原因である可能性はなくもないが、正直不明である。

マザボ表面
マザボ背面、背面にM2スロットがある。変態マザーの作り手と言われるASRockならではだ

新しいマザーボードの調達

正直新しいマザーボードを買うのは乗り気ではなかった。これはかつてASUS PRIME A320I-Kで苦渋を舐めさせられているからだ。

最近のITXマザーの多くはチップセット上にM2スロットが装備されていて熱暴走が心配だった。ASRock A520M-ITX/acの商品画像を見ると見かけ上チップセットのヒートシンクが見えず、いろんなレビューサイトを見て回ったものの、背面などトリッキーな位置についているわけでもなかった。そしてM2スロットの下に謎のヒートシンクらしきものが見えた。

やはりこれはM2SSDが熱暴走しそうだな…と思ったもののASUS PRIME A320I-KのようにM2SSDと接触するような箇所にヒートシンクがあるわけではなく、間にヒートシンクが挟まっているので行けるのではないか?という思いが出てきたので賭けることにした。そもそもマザボないと動かないし、迷う余地はなかった。

そして私はすぐさま新しいマザーボードを買うべく在庫店舗を調べたところ、ヨドバシにあったのでヨドバシに向かおうとしたが、ソフマップにもあることに気が付いたので、地産地消の観点から神戸に店舗があり、行くのも楽なソフマップで選ぶことを選ぶことにした。ソフマップのほうが安かったのもあり、この考えは一石三鳥だった。

と言う訳で新しいマザボとしてASRock A520M-ITX/acを買ってきた。マザボ表面にM2スロットが表面に移動してきており、背面からはスロットが消えていることがわかる。

新マザボ表面、M2スロットが表面に移動してきている
新マザボ背面、M2スロットが消えている

早速ヒートシンクをはがしてみた。ここ数年よく見かけるサーマルパッド付きの便利な奴だ。これがあるとM2SSD用のヒートシンクを買わなくて済むので助かる。

マザボ付属のヒートシンク表面
マザボ付属のヒートシンク裏面、サーマルパッドがついている

そしていよいよチップセット用と思われるヒートシンクとご対面だ。表面に凹凸があり、冷却用であることが伺える。恐らく今までのようにヒートシンクらしいヒートシンクにできなかったのでこのような形になっているのだろう。またASUS PRIME A320I-Kのものと比べると大型であり、あちらよりも放熱性が期待できる。

チップセット用ヒートシンク表面、凹凹凸があり放熱性を意識してそうだ

また横から見るとSSDを浮かせるような構造になっており、チップセット用のヒートシンクとM2SSDが直に接触せず、多少なりと風通しが生まれる構造になっている。これによってM2SSDの熱暴走を防げる可能性が多少なりと上がるだろう。そしてよく見ると下にチップセットらしきものが見えるので、これはチップセット用のヒートシンクとみて、まず間違いないだろう。

チップセットのヒートシンクを横から見た図

最後にこれがM2SSDをセットした後の状態だ。M2SSDとチップセット用のヒートシンクの間には隙間ができている。実際にこの状態で起動してみたが、問題なく起動できたのでおそらく大丈夫だろう。ASUS PRIME A320I-Kであったならデスクトップが表示された次の瞬間にはフリーズしていたし話にならなかったが、これであれば安心だ。とは言え、どこまで負荷をかけて大丈夫かは謎なので見守っていきたいところである。

M2SSDとチップセット用のヒートシンクの間には隙間ができている

組み付け後の姿

最後にパーツを組み付けた後の姿だけ残しておこうと思う。

Ryzenの文字が眩しい。因みにAthlonのロゴ印刷はRyzenと比べるとしょぼい

Ryzen 5の文字が眩しい
Athlonはロゴ印刷がしょぼめだ

ケースにセッティングした状態の写真。ケースはThermaltake Core V1、CPUクーラーはCooler Master Hyper H412Rだ。

ケースにセッティングした状態の写真

ケースにはCPUとかについてくるシールを貼るのが好きなのだが、今回はRyzenとRADEONのかっこいいのが増えた。

ケースのブランドシール

実は過去に類似のマシンを組んだことがあり、そっちにもAthlonとRyzenのシールが貼られていた。その時は200GE→Ryzen 3 2200Gだったと思う。度重なる移転で当時の記事が残っていないのが悔やまれる(画像が多い記事は移植の労力が強く、その大半を移転時に切り捨てている)

あとがき

ひとまず予期せぬマザボの更新があったとはいえ、スペックアップしたマシンが動くようになってくれて何よりだ。200GEの時はデスクトップがかなりもたついていたが、5600Gにしてだいぶ改善されたように思う。もっともデスクトップを操作することは滅多にないので、割とどうでもいい内容ではあるのだが…w

というのもサブマシンにはディスプレイを繋いでおらず、基本SSHから操作しているためGUIのパフォーマンスが気になることはまずないのだ。

しかしumieのソフマップは自作PC関連の取り扱いが非常にいいので、今後は三宮のドスパラよりあっちに行こうと思った。ついでに言うと顧客対応もよく、率先していろいろな世話を焼いてくれるのもいいところだ。(例えば在庫の問い合わせをしたら取り置きの提案をしてくれるなど)

2023年の決算として、今年やってよかったことを書いていこうと思う。

地産地消の促進

地産地消自体は3年ほど前からやっている取り組みだが、今年はこれを飛躍的に促進させた。具体的には物を買うときに神戸市産>兵庫県産>京阪神産>近畿地方産>西日本産>国内産>輸入品といった序列で、徹底的な差別化を行うことにした。

これは地域を愛していたいからというのが理由だが、意外な出会いも多く、個人的には満足している。

実際の取り組みとしては以下のようなものがある。

割と徹底的に変えていると思うが、特に生活面の負担はなく、困ったりはしていない。何故なら大半は農作物で、私はスーパーより八百屋が近く、容易に手に入るためだ。また最寄りのスーパーは兵庫県産品の取り扱いが多く、これもあまり不自由しない理由の一つだ。以前調査のために神戸市内のスーパーを10程視察しているが、こういうスーパーは珍しく、あまりないので運よく恵まれていると思う。この地に住んだのは運命だったのかもしれないと思うほどだ。

米についても変更を検討しているのだが、兵庫県産のあきたこまちが見当たらないので悩んでいる。コシヒカリやキヌヒカリは見かけるのだが…。米だけはあきたこまちに強いこだわりがあるため、これは変更しないかもしれない。あきたこまちは秋田県産以外見かけることがほぼなく、正直絶望的だとは思っている。とはいえ何もかもすべて兵庫県産というのも極端な話なので、これはこれでありだと思っている。

因みに今年変えたわけではないが料理酒はキング醸造(兵庫県稲美町)のものを利用している。同社は料理酒で国内トップシェアを誇るといわれているメーカーで、こういうのが県内にあるのは誇らしい。というか兵庫県は伊藤ハム(西宮市)やUCC(神戸市)、ケンミン(神戸市)、フジッコ(神戸市)などもあり、各社ともに県内生産があるため比較的食品製造に恵まれていると思う。関西にスコープを広げても丸大ハムや日本ハム、ハウス食品、サントリー、日清食品、神戸屋など食品製造が多い。

新聞紙面の購読

今年あたりから神戸新聞の電子版を見るようになったのだが、いっそのこと紙面で見てみるのはどうだろう?新しい発見があるかもしれないと思ったのが発端だ。

実際紙面購読をしてみると、Webより記事が見やすいという発見があった。Webでは記事タイトルくらいしか見れなかったのが紙面では紙を見ただけで一気に情報が見れる。これは利点だった。また毎日新聞を取りに行くので、家から一歩も出ない日がなくなった。大したことではないとはいえ、これも利点だとは思う。

紙面を見るのにはサイトにアクセスしなくていいし、一回とってくれば部屋に転がってるのを読むだけというのもいい。情報量もスマホやPCの画面より多く、思いがけない情報が目に入りやすいのもメリットだ。例えば地域限定の情報や、読者から寄せられた一言など、Webだとアクセスするのに地味に労力のかかる部分も見やすい。神戸新聞にはWebで紙面を読む機能もあるが、私は一般プランで年間契約をしているため、来年になるまでこれは使えないし、多分使えたとしても紙面実物より一覧性は悪い気がするので、紙面は見続けるだろう。

他にも必然的に新聞紙やチラシが大量に手に入るので、おやつを食べるときの下敷きなどにも重宝している。

外部との交流

今年はLT会や勉強会にも出ることができた。これによって自分の考えを外部の人に共有したり、外部の人の考えを聞いたり、評価しあうといったようなことができるようになった。また知らない人に話しかける経験もできたので、こういった場でほかの人に近づくためのスキルも身に着けることができた。

こういったことで持っている仮説を他の人に聞いてもらって評価して貰ったり、他の人の意見を聞くことで、自分を客観的に見る機会を作れるので、来年も継続していきたいと思った。アウトプットとインプットの機会を今より増していきたい感じだ。

参考までに今年は以下の会に参加した。

関西では会自体が多くないので自分で作っていくのも一つのような気がした。

はてブ数
投稿日:
OS::Linux::コマンド

シェルスクリプトを書く際のshebangは#!/bin/shと書くことが多いと思うが、必ずしもbashで動作するとは限らないので、bash拡張構文を利用しているケースでは#!/bin/bashと書いた方が良い。例えばUbuntuではdashが起動するケースがあり、スクリプトがコケることがある。

というか取り敢えず#!/bin/bashと書いておき、いざ動かなくなってから考えたほうが良いと思う。

はてブ数
投稿日:
ジャンル::雑記

ふと、なんとなく自分の人生史を振り返りたくなったので書いてみる。

1991~1994年

まだこのころは幼稚園児くらいだったと思う。PC-9801DX2でインベーダーゲームやブロック崩しをしたり、ファミコンでスーパーマリオやドラクエ、エキサイトバイク、ドクターマリオとかをしていたと思う。

幼いころからデジタルコンテンツに親しむ世代だった。絵本は猿蟹合戦と桃太郎くらいしか読んだ記憶がない。エレクトーンがあったが分解して遊んだり、記憶装置のゴムを切り刻んで遊んでいた。今思えば最悪に勿体なかったが、そもそも弾き方を教えてくれる人はいなかったので演奏の楽しさが解らない子供では仕方がなかったのかもしれない。

好きなおもちゃは画面の上を幕がスクロールしていき、ハンドルで車を操作できる奴だった。恐らくトミーのドライビングターボというやつだと思う。

トミーのドライビングターボという玩具

引用元:https://twitter.com/takaratomytoys/status/920429704623951872/photo/1

まだこの時代にはインターネットという言葉はなかったがパソコン通信はあり、親はよく通信将棋をしていた。またOSはMS-DOSだった。MS-DOSというとCUIなのだが、この当時はすでにマウスがありCUIをマウスで操作することができた。

PC本体とディスプレイ、キーボードやマウス、外付けFDDなどを含めた一式は100万円程度したという。

1995~1996年

小学校に上がったくらいのころだ。この時には使ってるOSがWindows 95になった。マシンはPC-9821Cxだったと記憶しているが、それ以降の型番は失念してしまった。

この頃はPCに入っていたドライビングターボを高難易度化して更にゴージャスにしたようなゲームや、ピンボールをよく遊んでいた。Windows 95のピンボールはかなり有名なゲームなので遊んだことがある人も多いのではないだろうか。

その他にはスーパーファミコンでファイナルファンタジーやドラクエ、スーパーマリオをよくしていたと思う。

この頃にはダイアルアップインターネットが登場し、インターネットの接続時には独特の音が流れていた。

ダイアルアップインターネットは今のように常時接続ではなくインターネットを使うときに接続する必要があった。従量課金制で通信量に応じて請求された。テレホーダイというのがあり、夜間には使い放題になる時間帯があったが、子供だった私には関係がなかった。この頃はまだインターネットを使うことがなく、親がIEを使うのを眺めていた。

1997年

この頃になるとNetscape Navigatorを使って自分でもインターネットをするようになった。何の切っ掛けだったか記憶にないが、Yahoo! JAPANのカテゴリの一番最後にあるアダルトというカテゴリを発見して以来、そこに掲載されているサイトにのめりこむようになった。つまり小3にしてその手のコンテンツに目覚めたということになる。

当時のYahoo! JAPANはディレクトリ型検索エンジンであり、Yahoo! JAPANに登録されたサイトがカテゴリごとにディレクトリ構造に仕分けされていて、そこからサイトを探す方式だった。いわば巨大なリンク集だったといえる。

ダイアルQ2サイトを踏み抜いてしまい、親にばれないようにそれの対処に追われる日々が続いていた。因みにGMOは元々このダイアルQ2を提供していた事業者の一つだったらしい。[^1]

1998~2001年

ここが私のインターネット元年といってよい年だ。インターネット環境は確かダイアルアップからISDNになっていたと思う。

自分用のパソコンとして、FMV-BIBLO NE/33を貰った。ATIのRADEON 3Dアクセラレーターを搭載しており、当時としてはなかなか良いスペックのマシンだったと思う。OSはWindows98だった。SEだったと思うのだが正直よくわかっていない。インターネットはPCカード式の無線LANを利用していた。

これによってアダルトサイトを見る速度は飛躍的に加速し、お気に入りのサイトも沢山できたが、今となってはその全てを失念してしまっているのが残念だ。

また他にもペルソナに親しみ、よくつついて遊んでいた。今思えばこの頃がオタクの目覚めだったのかもしれない。

とある個人の方が作られたペルソナを愛用していたのだが、何だったかが思い出せない…。配布サイトが閉鎖したときにアーカイブしたのだが、その時のデータも紛失して今はもう残っていない…。当時のフロッピーが残っていれば救い出せる可能性があるのだが、フロッピーは使わないと思い廃棄した記憶があるので希望は薄い。

ペルソナの有料化に伴い、以降は伺かをもっぱら使っていた。ROや二次裏、はてななど、当時のアングラ気味インターネットをしていた人たちには馴染み深い概念だと思う。今でもSSPをインストールしているが、起動することはほとんどなくなっている。この当時の起動データなどはもう残っていないが、最低限ゴーストだけは当時の状態を維持している。そう、ペルソナの記憶を失った痛みをまた味わわないためにだ。

この当時の私はFDDしか持っていなかったのでフロッピーしか使えなかったのだ。

2000年あたりからネット回線がADSLに代わり、爆発的にアダルトコンテンツを楽しむ速度が加速した。恐ろしいまでにエロとしか縁がないのはあっぱれである。

その後はゲームとしてのチョロQとの出会いがありチョロQ研究所というサイトに入り浸ったり、そこの常連だった同年代の人々の個人サイトで交流を深めていた。この当時お家の立つ掲示板は大人気コンテンツだった。

ネットの中心は個人サイトで、CGIを自分で設置して掲示板やブラウザゲームをするのが何よりの楽しみだった。他にもYahoo! メッセンジャーで様々な人と交流した。とても楽しかった記憶がある。

現実世界ではミニ四駆をよくやっていて、強すぎたのでよく盗まれていた。借りるといったまま持ち去るやつがいたので借用書を作ったりしたのだが、書かせたところで返さない奴は返さないのであまり意味はなかった。この借用書は中学の終わりまで運用し続けた。住所氏名と借りた日、返す日と、拇印を書く欄があったと思う。複写はなく、一枚だけで私が持っておく方式だった。

小遣いを何ヶ月も貯めて買ったプラズマダッシュモーターやウルトラダッシュモーターが入ったミニ四駆を盗まれたときは、そいつとは絶縁した。家まで行っても返してもらえず辛い思いをした。今思えば盗むのは大抵が私よりも貧乏な家庭だった。

2002~2003年

マシンは依然としてFMV-BIBLO NE/33を使い続けていた。この頃は私のネット全盛だったといえる時期だ。

この頃になると学校でもオタク談議に花が咲き、同時に私は気持ち悪い対象としていじめを受けていた。幸い性根が腐りきっていたので不登校になることはなく、不良に椅子を投げつけようとして学校の窓を割るとか、割ったガラスを投げつけて基地外扱いされるなど、まぁまぁな生活を送っていた。

ネットでは私より年下で小学6年生の人が個人サイトを持っていたので、私も作ることにした。gaiaxというサービスを利用した。このgaiaxというのは特有のスタイルに基づいた自分のHPを持て、他のサイトにアクセスすると足跡がつくといったものだった。複数の事業者がサービスをしており、事業者によって使えるHTMLタグや、機能に差があった(掲示板機能の有無や容量、広告の有無など)、足跡は基本的にどこのサービスのものでも付いたがごく一部全く互換性がなく、足跡がつかないものもあった。サイトのデザインは3つのフレームに分かれていてヘッダ部に広告用のフレーム、画面左部にメニュー用のフレーム、右部にメインコンテンツ用のフレームがあり、トップページには画像でロゴが出るのが一般的だった。

私はwithu.gaiaxというところを利用した。容量はわずか50MB程度しかない貧弱なサービスだったが、テキストだけはいくらでもかけたので、日記を書いたり、掲示板に来てもらって交流することが多かった。基本的なHTMLはここで覚え、CSSやJavaScriptの存在も知った。当時はHTMLソースを見てパクることが多かったが、次第に内容を理解していった。

利用していたサービス名のwithuは恐らくwithuというのはローマ字でwithを表していたのだと思う。当時は特に意識したことはなかったが、今思うと運営元も不明の謎サービスだった。withuは割と後期まで生きてるサービスだった気がする。最後期まで残っていたのはgooとかだった気がするが、正直gaiaxの仕組みがこの世から消え去る前に利用をやめたので、よく覚えていない。

URLは大抵がhoge.gaiax.net/~username形式だった。

恐らくmixiはgaiaxの影響を非常に大きく受けていると思う。

gaiaxがどのような雰囲気だったを残すサイトとして、GaiaX Museumというサイトがあるので興味がある人はぜひ見てもらいたい。これは当時を知る人にとっては非常に懐かしいものだろう。但しフレームは利用されていないので、あくまで雰囲気だけである。

因みに提供元とされる会社は株式会社ガイアックスらしく現在も残っており、沿革の1999年4月にある「コミュニティ(個人HP)サービスを開始」がそれに該当すると思われる。

しばらくするとgaiaxの自由度に限界を感じ、純粋なホームページを作ろうと思い立ち、ホームページビルダーを買い、XREAにホームページを作った。当時XREAは非常に人気が高く、中々新規申し込みができなかったのだが、なんとかどうにか開設したのは思い出深い。

またラグナロクオンラインが日本国内でもサービス開始され、非常に話題となったり、はてなブックマークが大ブレークしていたのもこの頃だ。

ラグナロクオンラインはスペック上プレイできなかったため、ゴゴ市をよくプレイしていた。当時としてはごくごくありふれたテイストのグラフィックで、この時代のアバターゲームはおおむねこんな感じだったと思う。しかし、ラグナロクオンラインだけは群を抜いたクオリティで明らかに別次元にあった。

Amazonで初めて買い物をしたのもこの頃で、最古の購入履歴は2003/4/21となっている。

他にも他人のサイトのシステムの粗探しをしてパスワードなどの秘匿情報を抜いたり、様々なアタックをして遊んでいたころでもあった。アリス・リデル[^2]が人気を博した時期でもあり、私は2chにのめりこみ、あやしいわーるどのようなアングラを嗜んでいたこともあった。Flash板やVIPには常駐しており、紅白FLASH合戦[^3]も好きだった。

現実ではエロゲーに没頭しており、通販でよく買っていた。自分の家に届けると親に捨てられるので友人の家に届けていた。私の家は厳格な家庭で、小学校6年までは何とかゲームを許されていたが、そこから先はかなり厳しくなった。中学の終わりくらいから漫画とアニメ、ゲームはガキのやるものだから禁止といわれて、買って帰ったりしたら捨てられていたし、通販も捨てられていた。ネットで知り合った人が梨を送ってくれたが、それも受け取り拒否された(犯罪に巻き込まれると思ったらしい)

Kanon、AIR、水色、こみっくパーティー、水月、月姫などをプレイした。買っただけの作品だとCLANNADやFate/stay nightも記憶にある。
月姫は同人作品であり、当時は購入が絶望的だったのだが、月箱が出ると知り買った記憶がある。今でもこの月箱は持っている。一番好きな作品は水月で、今でも水月は持っている。ほかの作品は専門学校卒業後の資金難で全て売却してしまった。

他にも学校の図書室でラノベを借りてよく読んでいた。まぶらほやキノの旅は当時の愛読書の一つだった。また人生で初めて買った本もキノの旅だった。授業中に読んで没収されるほど熱心だった。

2004~2006年

高校に上がったくらいのころだ。この頃からはマシンがアップグレードされSONY VAIO PCG-FR77J/Bとなり、私は念願のラグナロクオンラインをプレイし始めた。アサシンで始め、次にブラックスミス、ハンターとやり、その後はウィザードにプリースト、モンクやローグ、バードなどもやった。王道が嫌いだったのでソードマンの系統はやらなかったし、スーパーノービスもやらなかった。

初めて降り立ったのはモロクの地で、当時は非常に賑わっていた。すぐさまリア友にプロンテラに連れていかれ、その人の多さと活気に打ちひしがれた記憶がある。未だにこの時を超えるワクワク感は味わったことがない。この時こそがまさに人生の始まりだった。好きな町はフェイヨンで、私はよくフェイヨンにいた。

サーバーはLokiで始め、マイグレでHeimdalへ移った。アサシンはクリアサと決めており、キャラクリを何度もやり直し、最終的にはDexは初期値の9にしたと思う。BSはHitの高さを生かしたA>S>Vとし、耐久性と高火力を両立させた。この年代では3キャラ目は決まることがなく、ひっ切り直しに作り直していた。最後が何だったかは記憶にない。

一瞬だけSaraにハンターを作ったこともあるが気のせいのようなものだった。ハンターはDS師が好きで、SPに常に悩まされていた。後衛は馴染まず続かなかった。

プレイ時間は一日10時間を超え、週末や祭日は18時間以上プレイしていることがざらだった。学校はほとんど寝ていて授業を受けた記憶がないが、地理と古文の成績だけは多少よかった。基本的に成績は極めて悪く大学進学は無理だったので専門学校に進むことにした。そもそも高校自体が底辺校だったので、そこで成績がドベというのは最悪である。

因みにこの時社会的にはMMORPGが引きこもりや不登校を生んだりするというので大きく社会問題になっており、身近なプレイヤーでもROに命を懸けるために会社を辞めた人がいた。通称レンタカー屋と呼ばれていた人でキャラクターネームはRen Takayaだったと思う。精錬の名人で、私はこの人に+7聖斧を作ってもらったことがある。5本くらい折った気がする。25-75M位したはず。

プレイスタイルは主に金策中心で、稼いでは高額装備を買うの繰り返しだった。かなり相当な装備を持っていたが、専門に進学するときにやめようと思い、一度アカウントを消している。

個人サイトの運営は続けていて、この頃はgaiaxではなくXREAやusamimi.infoで自分のサイトを作っていた。CGIを導入したりFTPを使ったりしていた。パーミッションの概念を覚えたのはこの時だ。アクセス数を上げるためにSEOにも力を入れ始め、HTMLのセマンティクスを学んだのもこの頃だ。この時の知識は今でも仕事の役に立っており、非常に良い経験となっている。

そして最初はフレームサイトを作っていたが、フレームはもう古いということになり、フレームなしサイトに移行したのだが、複数ページに存在していたメニューといった共通部分の更新がHTMLファイルでは面倒だった。そこで私はPHPを学び、動的サイトを作り始めた。これが私のプログラマーとしての起こりである。TELNETが廃れ始めSSHに流れ始めていたのもこの頃だったような気がする。私は新しいものを覚えるのが嫌いだったので、10年後の2016年辺りまでTELNETを使い続けることになる。

エロゲーはもう卒業しており、私は18歳になる前にエロゲーを卒業していた。意味不明である。

学校図書の利用は続けており、田舎の学校では数少ない利用者だった(アニメの図書室のように勉強している人はほとんどおらず、図書室はほとんどガラガラであったが、本だけはあった)。中学から引き続きキノの旅を読み続けていた他に、昭和のスポ魂漫画なども読み漁っていた。確か柔道ものだった気がするがタイトルは覚えていない。

2007~2009年

専門に上がったくらいのころだ。この時私は今も住んでいる神戸に移り住んだ。マシンはDynabookの何かだったが型番は失念してしまった…。学校に問い合わせばわかるだろうか?

入学して最初のころは極めて成績が良く稀にみる天才とまで呼ばれたが、天狗になっていたらどんどん成績が落ち、結局MMOに戻ってしまい。元の生活になってしまい授業は寝る生活が続いた。

この頃はNornという新規向けのサーバーから廃人勢に混ざりVerdandiへ進み、そのまま廃人グループの中で活躍をしていた。やはり職業はクリアサがメインだったが、BSも復活させた。サードジョブはローグとモンクとプリーストをとっかえひっかえしていたが2PCを手に入れ最終的にFCASセージに落ち着いた。

クリアサの必中と防御無視、高回避を生かし、炭坑や監獄、騎士団などの他職では攻略難易度が高いダンジョンや、行きたがらないダンジョンに積極的に赴き、流通量の限られる高価値アイテムをスティールと狩りで稼ぎ、かなり稼いでいた。またMVP狩りも始め、地上ボスのAIを多く解析し、クリアサで大抵の地上ボスを倒せるようになった。アサクロになるころには相方を作り、ダンジョンボスや上級ボスにも挑戦していた。攻略方法は完全にマニュアル化し歴代6人相方がいたが、その全てで通用させていた。

キャラスロットが6キャラになったころにはメイン垢とサブ垢の12キャラで進入クエストや金策クエスト、The Signなどを全てこなし、相当稼いでいた。装備のないキャラも多い中、ありえない根性がないとできない行為だがやり遂げた。

特にマヌクコインには大変お世話になり、これだけで600M位は稼いだと思う。自分のクエスト分だけでなく、市場流通しているものを全て買い込みマヌクの豪気として売ることで莫大な利益を上げたのだ。マヌクの豪気はクエストで1キャラ1回しか大量入手できないうえに、用途が解っていない人も多かったのだが、それから作れるマヌクの豪気は経験値稼ぎで高需要だったので、これは非常にいいビジネスだった。パッチで暴落しないかというのは懸念だったが、需要から見ると売れると確信し、普段転売をそんなにしない私が大きな賭けに出て成功したので、非常に思い出が深い。

クリGltは最終的にサイズ特化ジュル、種族特化ジュル、属性特化属性カタール、人特化裏切者などの装備をそろえていた。Lukが120ほどあり、全身高級クリ装備で固めていたので武器でのクリ補正はもはや不要だった。通常の敵であればクリ100%で、そこに届かなくともグロがあればまず100%になった。

RRで旧来のカタール型クリアサが弱体化されると私のメインはFCAS教授の進化系である、SF皿に移った。必中の上に四属性なら自在に切り替えられ、サイズ補正を受けず、一撃が尋常でない火力というのは非常に魅力的だった。闇と聖に対しては非力だったが、そこはもう諦めた。

異世界や最下層などで異次元の効率をたたき出すことで下手な生体やタナトスを超える超効率を出し、レベルはサクサク上がっていた。ボス狩りもアモン相手であればLPを敷いて適当な雑魚でチャージすれば余裕だったので、アモン粘着をしていた。空き時間には珍でボス探しをしていたこともあったが疲れるので続かなかった。因みに珍ではミストレスが好きで、ミストレス捕獲の名人をしていた。他にもLoDや怨霊武士も好きでペアを組み好んで狩っていた。

MVPカードはアモンcだけ出したことがあり、他はない。アモンcについては2枚見たことがあり、1枚は私が出したが、もう1枚は他人が出したところを見た感じだ。

きっと、高校から続くこの頃が私の人生の最高峰だった。私のプロフィールにはROだけ35,000時間もプレイしていることになっているが、まさに人生といえるコンテンツだった。

実はこの時もエロゲを買っており、最後に買った作品はGardenだった。度重なる延期があり、エロゲをしなくなったここまで待っていたのだが、そこまで来てやっと発売されても未完成作品だったため開封することはなく放置していた。トノイケダイスケと☆画野郎の水月タッグだったので期待していたが非常に残念だった。

晩年は日本に上陸したばかりのTwitterを少し触っていたが、この時はすぐに手放している。当時はガラケーから就活関係のつぶやきをしていたと思う。

この頃になると図書館は利用しなくなり、本は買って部屋に積み上げるものになっていた。

2010~2013年

専門を卒業したころだ。リーマンショックがあったのもあり当たり前のように内定はなかった。私はMVP狩り以外にすることがなくなりRRでクソゲーとなり、過疎が進んでいたROから身を引くことにした。

艦これやスクフェスをやったりしていたが、どうしてもROをしていたころの熱さはなかった。心にぽっかり穴が開いていた。

仕事もないので学校のツテを頼って半年間政府から助成金がもらえる就労をしていたが、これも終わってしまい、あとは日雇いのピッキングだったり、中古家電のリサイクル工場の派遣や、コンビニバイトだったり風俗サイト制作のバイトなど、いろんな仕事をしていた。ペーパーカンパニーで仕事をするといった珍しい経験もある。

このままでは生きていけない、そう悟りハローワークの門を叩いた。そうするとトライアル雇用といって未経験者でも試験採用して見る取り組みがあると聞き、私は応募することにした。私は専門学校の情報系学科を卒業していたためプログラマーになろうと思い開発会社に志願したが、職員には「そんなところに行ったら人として扱われなくなって死んでしまう!やめなさい!」と強く引き留められた。しかしわたしは中学生のころには将来の夢はプログラマーと話していたし、プログラミングが好きだったので話を無視して志望した。月給は13万だった。

受けた会社では生きていけるだけの賃金をもらえればいい!なんとしてでも働かせてほしい!専門学校も出ているし仕事もできる!とどうにか頼み込み雇ってもらい、実績がないと実装は無理だからとSESでテスターとして働くことになった。0時を超えて働くこともあり、月によっては残業代と本給が同額になったこともあった。

TwitterやGoogle+をはじめ、SNSジャンキーになっていたが、トラブルが多くアカウントの転生を繰り返していた。この時は韓国や中国、台湾など外国の人と良く交流していたので、その思い出が深い。良くも悪くも日本人とは違う文化を持っている人なんだなというのがとてもよく分かった時期だった。この時に私はお互いの文化を尊重し、理解できない部分は触れないというのが一番理想的な付き合い方であると感じるようになった。

因みにこの時に江南スタイルで有名な韓国のソウルは江南に住むフォロワーに前に買って開けないまま放置していたGardenをプレゼントしているが、お互いに送料は掛けたくなかったので郵便局の小形包装物の船便という最も安い手段で送った。当時は130円くらいで一ヶ月ほどかかったと思う。130円というと宅配便は愚か、宅配便コンパクトなんかより安かったので当時は非常に驚いたものだ。郵便局のサイトを見ると今は480円もするらしいが二週間ほどで届くそうな。エロゲーのはずだが無事通関してくれてよかったとほっとしている。この後にもこのフォロワーには何本かゲームをプレゼントしているが、国際郵便を送る良い経験になった。因みに国内向けは内国郵便、国外向けは外国郵便とか表現されていた気がする。

2015~2017年

この頃にはASUS X550VCを手にしてβテスター以来のエミル・クロニクル・オンラインを始めていた。初めのころはまったりだったが、廃人気質が徐々に出てきて、仕事中に寝るようなこともしばしばあり、カスのような人生をしていた。それでも仕事は首にならなかったので完全に舐めプをしていた。

仕事の調子が良くなく、上司の猛反対を押し切り退職することにした。まぁ入社時の態度からしてあり得ないことなので、散々なことを言われたと思う。この時残業で貯めた貯金が100万円ほどあったので、一年ニートをし、ひたすらECOに没頭した。間違いなく全ワールド中最強の本業Erにまで上り詰め、エンドコンテンツを総なめ、討伐不能といわれたボスも含めすべてのボスを討伐した。捻くれて可愛げのない相方もでき、捻くれたフレンドも多数でき、非常に楽しいMMOライフを送っていた。金策も順調で、重課金していないと手に入れられないようなアイテムも尋常ではないボス粘着と金策により全て手にしていった。

Er以外にもMaやCa、Joもやっていた。主にErRoとMaSoの2PCタンクでプレイすることが多かった。奈落では異質の野良PTを主宰していて釣りは2~3で、スタン目的のCa、属性付与のAs、中身用のSoなどを入れていた。これは自分が2PCで自分のサブキャラを育成するときに中身を入れることができないからである。StSoがいればSoは抜いたり、AsCaがいたらCaを抜いたり、かなり柔軟な編成をしていたし、外国人も積極に受け入れるスタイルのPTだった。結構楽しかったと思う。

途中で生活資金が尽きたので転職サイトに登録したところ直ぐにオファーが来たのでひたすら受け、受かったところに入ったら何故か月給が18万に上がった。つい前日までニートだったのに。因みにニートであることは面接でちゃんと説明している。

相変わらず職務態度は腐っていたが、給料が上がり、ボーナスも出るようになったのでボーナスが出るのを見込んで手持ち金+ボーナス+クレカの空き枠全額を課金につぎ込み、一瞬で100万円を課金したことさえあった。本来であればこの月は支払い不能だったのだがリボ払いに変更し、その月の給与でいったんは返した。但し利用上限を突破しており、現金もすべて消えていたため、その月の生活はキャリア決済で賄った。これはキャリア決済は二ヶ月遅れで請求が来ることを経験的に知っており、クレカの利用枠がどうなっていようと使えたからである。

弁済はエクセルで支出管理表を作り、毎月着実に返していった。支出管理表は翌月の保険料、所得税といった変動する天引きや、残業代といった変動する収入を自動計算するように作っており、そこから毎月の最低弁済額をはじき出し、nヶ月後には完済できるというスケジュールを引ける内容だった。固定費は確定だが、変動費は変動するので計画にずれは出たが、概ね理想通り完済できた。途中一度勤務態度不良で8割言及を食らったときは死ぬかと思ったが、リボなのでその月だけ弁済額を5000円にして回避することで事なきを得た。

徹底した節約と金銭管理により一年と三ヶ月程度で完済することに成功した。この時の平均残業時間は40h程度だったと思う。

仕事ではC#.NET, VB.NET, ASP.NET, Windows Formあたりを扱うことが多かった。

2018~2019年

ECOがサービス終了し、次の場所を求めた私はFF14に来た。ECOの顔なじみのサーバーに入り、そこでまったりプレイしていた。但し相方はFF14には来ず、Twitterにもおらず、ここで別れとなってしまった。非常に悲しいが仕方がない。

FF14でもやはり最初は廃人生活をしていなかった。最初は白魔をしていたのだが性に合わず、忍者を楽しんでいたが、DPSはシャキりが悪く、タンクである戦士に転向することにした。ECOの馴染みと和気藹々とする時間は楽しかったが、私はすぐに廃人気質を発揮してしまい、その場を離れることになった。

ある日、エンドコンテンツにお試しで入ることになり、そこから極や零式に参加するようになった。最初のころはまりうまくできなかったが、徐々にPerf95%くらいは出るようになり、CFでもまとめをすることが増えた。CFでは初動の挨拶やバフの入れ方の動きからスタンスの切り替えやバフのローテを変えるといった複雑なプレイを楽しんでいた。モブハンでもメインタンクを積極的に貼り、そこそこのアチーブをとった。しかしある日、このゲームが同じことの繰り返しであることに気が付きモチベが下がったのと、そろそろ仕事をまともにしないとこの先やっていけないなと思い、手を引き始めることになる。

現実ではプロジェクト運営のクソな部分とか、設計や実装のクソ差に気づくことが増え、それらを積極的に改善する運動をするようになってきたのがこの頃だ。職務怠慢で腐っていた人間とは思えない立ち振る舞いであるが、元々クソな現場が多くそのクソ差を身をもって体験していたからこそできた芸当でもあるともいえるかもしれない。

この頃にはVue.jsやAngularなどのモダン技術を触ることが増え、特にAngularは1年以上の長期案件に入っていた。

プライベートでは新しいことを始めようと思い、映画館に行き始めた。最初は怖かったが、別に殺されることはあるまいという精神で入っていった。この習慣は今でも続いており、基本的にアニメ映画に限るのだが、そこそこの本数を見続けている。

2020~2022年

この頃になるとMMOからか完全に身を引き、ECOが終わったことで癌垢そのものを消したのでROもできなくなっていた。スクショも残しておきたかったのだが諸般の事情で消してしまい、今はかなり後悔している。XGA~WXGAのサイズのJPEGで30GBはあったと思う。

仕事ではWeb系の案件を積極的に受けるようになり、社長を通さず自分からSES営業に声をかけて案件をとって、Nuxt.js、Laravelなどのモダン技術をやっていた。Laravelは個人受託で実務経験を積み、これを元に会社で案件をとった。現場では完全にオーバースペックで、Laravelを扱えない人しか現場にいない中で私だけ使いこなしていたので非常に評価が良く、いろんな提案をしたり、メンバー教育をしたり、かなり活躍していたと思う。

会社からの評価もよく、プログラマーでは勿体ないのでシステムエンジニアにならないかといわれていたが、なぜか給料は上がらないといわれた。

しかし、下流工程では裁量に限りがあり、この商流でやれることはもうないと悟り、自社開発の事業会社を探し始め転職活動を始めることとした。面接の評価はおおむねよかったのだが、リモート採用がまだこの頃は多くなく、通勤圏である大阪の受託開発の会社に入ることにした。これまでの転職で商流が13次→5次と上がってきていたのだが、ここで3次にまで来た。給料はかなり増えた。

但しこの前に転職を前提として、家賃が倍の物件に引っ越したり、離職が上手くいかず、入社日までに間が開いてしまった事などが重なり、そこを穴埋めするためにリボを使ったために、またリボを抱えることになる。しかも最悪なことにこの後家の鍵が壊れたり、単独事故を起こしてしまいリボが拡大してしまう。

転職し、予想通り仕事の裁量は増え、決定権も付き、私は新規プロジェクトのリーダーとなることになった。いや、単に私一人プロジェクトというだけだが。割と知名度のある大手サービスのリプレースで、段々案件が大きくなるにつれメンバーも増え、私は自社のリーダーとして動くようになった。技術は最近勃興してきて、先がありそうで、保守性の高いReactを選び、その後の追加案件ではNext.jsのSSGを採用した。

チームリーダーかつ、リードアーキテクトとして上流SIerや、エンドユーザーのSEと直接やり取りすることも増え、会社からも大変評価が良かったが、やはり間にいろいろあると動きに限度があり、事業会社に行きたいと思い、リモートが増え、コロナが終わりに近づき、リボの完済が見えてくる中、直接応募やエージェント応募(5つくらい)などを使い転職活動に乗り出す。

無事リボ完済とともに内定を果たすが、上京するための資金に不足があり、またリボを重ねることになる。この時手持ち金とリボを合わせて最悪150万円の出費を想定していたが、最終的にはこれを全部食い尽くす羽目になった。

というのも退職日と入社日に隙間を開けるのが業務上難しかったうえ、引越しと入社をうまくするとなると事前に引越ししたうえで、入社日前まではホテルで暮らす必要があったからだ。引越し代も当然あるし、新規入居は敷礼金や仲介手数料などで出費が嵩む。事前調査のための交通費もただではない。何よりインターネット回線で地雷を踏むと戻ってくる必要があるので前の家も維持しておく必要があるし、戻るとなれば再引越しの資金も必要だ。

引越し先ではフレッツ光1Gbpsが使える予定だったが、コラボ光を使っていたために引越し日まで工事ができるかどうかが完全にわからず「担当者の出来ます」という言葉を信じるしかなかった。NTTにも聞いてみたが、実際に回線が引けるかどうかは直接の契約者にしか話せないと蹴られてしまった。しかし引越しの一週間前に電話がかかってきて、追加工事が必要で最速でも半年は待ってほしいといわれた。最悪の結果である。この時点で私は最悪のケースを覚悟した。

しかしいざ引っ越してみればフレッツ光どころか携帯の電波すら圏外になり、ベランダに出ないと電話すらできないクソ物件だった。家賃13万もするのに幾らなんでこれはないと思った。入社翌日に本部長にネットが使えなくて無理なので神戸からリモートさせてほしいと陳情して、何とか引っ越せることになった。因みに内見はしたが、まさか携帯の電波が県外になるかどうかは考えてもみなかったので見てすらいなかった。内見中は周辺環境を見たり間取りをとるの忙しくてそれどころではなかったのだ。日々のネットは近所のネカフェに毎日通って解決した。ネカフェの前でWiFi乞食も考えたが、それはしなかった。

人事異動は月に二度しかできなかったのと引越し会社の都合もあったので、一ヶ月だけ東京に住むことにした。住民票まで移動していたのにあんまりである。東京にいる間は毎日ネカフェに通った。外に出ればスマホでネットはできるものの6月のクソ暑い中でそんなことは到底できないからである。そもそも赤羽の風俗街の路上で座ってスマホいじってるのは不審者である。そう、私の家は風俗街のど真ん中だったのだ。赤羽東口出たとこ直ぐくらいの場所である。

どのくらいど真ん中かというと不動産屋の窓に「ガールズバー可!」とか「キャバクラ可!」とか書いてあるくらいど真ん中である。正気ではない。夜の道はキャッチまみれで到底のんびりできる場所ではないし、昼はクソ暑い。私はネカフェだけが安息の場だったが、ネカフェもただではないので、リボは無限に膨らむばかりだった。

私は入社祝い金が出ることに望みをかけ、全身から血を出しながら生活していた。直ぐ引っ越すので原状回復を考えると自炊もまともにできず、食事は徒歩1分のすき家に通っていた。勿論すきパスを買ってフル活用していた。しかし怠惰な人間だったので駅前のデニーズやステーキのどん、らぁ麺はやし田などに行きムダ金を垂れ流していた。

そして一ヶ月後、無事神戸に帰れる日になると、勿論引越し代が飛んだ。退去は敷金の返却でチャラに、原状回復は完璧でびた一文たりとも請求されなかった。家賃は一ヶ月半二重に払っており神戸と赤羽で20万も払っていた。地獄である。この時に家が買えることを確信したのでマンション見学にも何度か行ったりしたが、後で色々調べたところ、希望の物件に住むのは難しそうだったので断念した。

神戸に戻って来てまず最初に出会ったのは大家だ。大家には退去すると伝えていたところを取り消してほしいといったので、契約の仕切り直しでの顔合わせをした。結果として契約継続ということになり、特別な費用は掛からなかった。因みに退去となった場合も原状回復は十分だったとのことで安心した。

戻ってくるのはそこそこ簡単で、元々間取り図を作って管理していたので部屋はすぐに戻せた。ネットも光コンセントが元々あったので即開通した。

三度目のリボは入社祝い金の振り込みと、それまでの弁済でチャラにした。資金管理が非常に大変なので、もうできれば二度とリボはしたくないものである。三度目の正直だ。

2023年

今年だ。MMOから離れてMMOロスになっている。時間だけは余ったのでこうやってブログを書く機会が増えた。いや、MMOをやっていたころは日々のプレイや考察などを今より高頻度で書いていた気もするのだが…。

取り合えずすることがないので近場に旅行に行き観光をしたり、哲学的なことを考えることが増えてきた。しかし、本当にやりたいことにはたどり着けていない。私がかつてやっていたMMOはもうなく、SAOというラノベの世界に残る幻想になってしまった。

私が求めていたのはキャラクタービルドがあり、どんなビルドにも長短があり、それぞれが活躍できるような、そんな昔ながらのゲームだった。オフラインゲームではサモナイや世界樹がこれに近いと思うが、私はそういうゲームも好きだ。私は正道より邪道が好きなのである。

ネットでの活動は年々薄くなり、昔のような勢いで様々なコンテンツに触れることも減り、衰えたとは思う。よく言えば落ち着いたともいう。アングラな世界からも離れ、5ch(かつての2ch)も見ることはほとんどなくなったし、法整備もあり他人のサイトにアタックするようなこともなくなった。その代わり合法的な範囲では活動することがあり、アタックとは呼ばないが、サイトの通信やCookieを眺めたり、ECサイトで事業者側のアカウントを作って出品画面を眺めたり、明らかに想定されていない操作をしてみたりなど、システムの内情を観察することもしばしばである。

仕事もぼちぼちやっているが、最近はやや覇気がないと思う。もうちょっとなんか変革というか、少しは周りを揺るがしたり、存在感を発揮していきたいところだ。取り敢えず今まで通り改善をやっていきたい。何が改善で何が改悪なのかはわからないし、孫基準はどこにもないと思うけどやっていきたい。

私生活では習慣を作っていきたい。これは5年ほど前から思っていたことで、MMOをやめて以来、これといった生活リズムがないのでどうにか作っていきたいのだ。徐々に改善できていると思うが、決定打にかける。結局のところ人生を賭してやりたい情熱のある出来事がないのだ。

今のこのブログはアクセス自体はもう考えておらず、単に私の日記帳みたいな感じになっている。何かあったときに情報をサッと引き出すためのものだ。仕事などでも重宝するし、自分の人となりを紹介するのにも使えないかと考えているが、そこはあまり考えていない。といっても、SEO対策は最低限しているのだが、それはやらねば技術的に腐ると思っているからであり、余り本来のアクセス増については考えていない。これはアクセスがありすぎるのも考え物だと思うからだ。かつてインターネットは限られた人間しか使っていなかったが、今は違う、リテラシーがない人も少なくない。そんな中でアクセス数が多すぎるというのは困りの種にもなりえるのだ。

実際、以前はこのブログもコメント欄を開けていたが閉じたのもそこが原因だ。いわゆるスパムBOTは弾けていたのだが、人力でやってくるSPAMはお金をかけずに対処するのが面倒だった。またいわゆるクレクレ君的なコメントも一定数あり、見るのも嫌だったので封じることにした。

私が欲しいのは情報交換であり、「記事に書いてある通りにやったけど上手く行かないから教えてほしい」的な質問コメントではない。せめて何をやったのか環境を書け(人は大抵読み飛ばしなどをするものなので、本当に書いてある通りにやったかどうかから聞く必要があり、そんなのに一々付き合いきれない。うちはサポートセンターではない。勿論顔なじみなら別だが、一見に言われても困るのである。)

まぁ実際のところその手のコメントは無限に来るものなので何をどう書いていても対応などしていられないのだが…。

さてこれからは何をやっていこうかな。きっとやれることは沢山あって可能性もまだ無限にあるので、これからの人生、悩むところである。

ただ一つ言えるのは、今までの人生ではよく過去を捨ててきたが、それはもうしたくなく、これからは極力捨てない人生でありたいということだ。ROやECOのSS、ガンホーアカウントはもう残っていないし、過去に買った様々なデバイスやエロゲー、同人CDやコミック、文庫本なども手放すことが多々あったが、もうそういったことはしたくない、これ以上失う辛さは味わいたくないので、なるべくそのままでありたい。そう思っている。

しかし何時しか別れが必要になるときもあるだろうから、その時は記録に残して別れたいものだ。

そうだ、また図書館を使っていくというのも悪くないかもしれない。買って積むくらいなら借りて読めばいい。返却期限があれば読むだろう。

はてブ数
投稿日:
その他::SSH

基本のフォーマット

複数のホストを記述でき ssh <Host> で接続できる

Host hoge
   User foo
   Hostname git1.example.com
   IdentityFile ~/.ssh/config/id_ed25519_foo
   Port 22222
Host piyo
   User bar
   Hostname git2.example.com
   IdentityFile ~/.ssh/config/id_ed25519_bar
   Port 20202

設定項目

項目 意味合い
Host sshコマンドで指定する接続先名。Gitで利用する場合はHostnameと合わせる必要がある
User ログインするユーザー名
Hostname 接続先のホスト名
IdentityFile 秘密鍵のパス
Port 接続先のポート
ForwardAgent プロキシサーバー側の設定。クライアントからの接続を中継するかどうか
ProxyCommand 踏み台サーバーへの接続コマンド

トラブルシューティング

GitHubにSSHで繋ぎに行ったときにError: Permission denied (publickey)と出る

GitHubへのSSH接続はUsergitでなければならない

そういえばgitコマンドはユーザー名を直に指定しているのかSSH Configでgit以外を指定していても通った気がする

GitHubにSSH接続しているときにgit clonegit pushがフリーズする

Hostの値がHostnameと異なるとフリーズすることがある

関連記事