お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

G913 TKLはロープロファイルキーボードの中ではかなり良い品だと思いますが、純正のキーキャップの販売がなく、キーキャップが破損しやすい難点があります。そこで、今回はAliExpressでキーキャップを買って使えるかどうか試してみることにしました。

利用したセラーと買ったもの

今回はKite Town Storeというセラーで販売されている互換キーキャップを購入しました。

キーのバラ売りや、UKタイプのセット売り、よく壊れるキーのセット売りなどがあり、非常に充実しています。

https://ja.aliexpress.com/item/1005004841057006.html
https://ja.aliexpress.com/item/1005004344812002.html

今回はAとCtrlが欲しかったので、こちらのページからWASDセットとCtrl2個セットを購入しました。メルカリとかで売られているキーキャップより安いですし、この辺りはメルカリとかだと売り切れてるキーなのでとても重宝します。

注文から到着までは10日だったので、比較的早かったかなと思います。送料は無料でした。

開梱の儀

梱包はいつもの中華パックという感じ。

よくある不透明で外側がやたら頑丈な中華プチプチ

中にはテープ止めされた小箱が入っており、更にクッションで保護されていました。ここまで丁寧な梱包だと安心できます。
image:S:adiary/2023/:20230429_013516.jpg:キーキャップが収められた小さな段ボール箱]

プチプチ+ダンボール+クッションの三重防護

中身は商品ごとに小袋に分けられており、今回使わなかったキーを保管するのに便利でした。

使わないキーの収納に便利な小袋付き

Ctrlキーの比較。上が純正、下が今回買った互換キーです。基本的に純正品と変わらないかなと思いました。表面の質感が違うのは使い込んだキーと新品だからだと思います。

表面のツヤの違いは皮脂の染み混み具合だと思う
裏側も純正と変わらない感じ

Aキーの比較。こちらもCtrlキー同様に純正品と変わらない品質に思いました。手触りにも違和感がないので、特に何か気になることはないと思います。

こちらも純正と違わない感じ
裏側もバッチリです

最後に実際にはめ込んでみたところです。JISキーボードですがCtrlキーのサイズはピッタリでした。またライトアップもキチンと機能するので満足です。見た目も手触りも特段違和感がなく、キーのはめ込みもスムーズで、まるで純正のキートップのように思えました。もしまた壊れたら今回のセラーから買おうと思いました。

掃除してないので汚いですが、見た目は純正と変わらないと思います

キーキャップの取り外しにはFILCO KeyPuller FKP01を利用してます。プラ製のより細くて差し込みやすく、金属製ですがキーキャップに傷が付くこともないので、掃除のときにも重宝してます。

あとがき

G913 TKLのキーキャップはメルカリやヤフオクでも買うことができますが、純正品をバラした余りのようで、キーの品揃えが良くないです。特に壊れやすいキーは出品されてもすぐに売り切れるので狙うのが難しいと思います。しかしJISにしかないキーを入手したい場合や、すぐ手に入れたい場合は有効な選択肢になると思います。

他にもUS配列の互換フルセットがAmazon.co.jpに転がってるので、アリエクを使いたくない人はこちらを検討してみるのもいいかも知れません。ピンポイントで買えないので高いですが…。ちなみにこっちは買ったことがないので品質のほどは不明ですが、レビューを見る限り問題なさそうには見えます。

もし配送時間がかかっても良く、JISキー以外が目的であれば今回のセラーから買うのが無難に思います。

投稿日:
ジャンル::OSS活動

小規模なものしかないが、一応活動記録として残しておく。新しい順

投稿日:
言語::C#OS::Linux::Ubuntuジャンル::セットアップ

インストール

https://learn.microsoft.com/en-us/dotnet/core/tools/dotnet-install-script

wget https://dot.net/v1/dotnet-install.sh
chmod 755 dotnet-install.sh
./dotnet-install.sh
echo 'export DOTNET_ROOT=$HOME/.dotnet' >> ~/.zshrc
echo 'export PATH=$PATH:$DOTNET_ROOT:$DOTNET_ROOT/tools' >> ~/.zshrc

Hello world

https://learn.microsoft.com/en-us/dotnet/core/tools/dotnet

dotnet new console -o myapp
dotnet build myapp/myapp.csproj
./myapp/bin/Debug/net6.0/myapp
投稿日:
Node.js

主な変更点に関して個人的にざっくりまとめてみる。詳細は公式のリリースノートを確認すること。v18やv16と比べるとアップデートが多い気がする。個人的にはv12, v14並に嬉しいアップデートかも。特に単一バイナリのサポートとARM64版Windowsのサポートが強力だと思います。

権限モデルの追加

--experimental-permissionフラグを付けることでファイル システム操作、子プロセスの生成、ワーカー スレッドの作成など、プログラムの実行中に特定のリソースへのアクセスを制限できる様になった模様。

実験的機能であれば16のときにもあったと思うが、この時との違いは詳しく確認してない。参考程度にv18とlatestとのドキュメントリンクを置いておく。

  • https://nodejs.org/api/permissions.html#process-based-permissions
  • https://nodejs.org/docs/latest-v18.x/api/permissions.html#process-based-permissions

専用スレッドで実行されるカスタムESMローダーフックの追加

多分ESMを別スレッドで読み込むことでヒープ競合が起きなくなるのだと思うが、使ったことがないので詳細は不明。TypeScriptを使っている限り、まだまだCJSを使う機会が多く、ESMへの完全移行は先な気がするので放置で良さそう?誰か詳しい人教えて!

同期的になったimport.meta.resolve()

詳細不明なのでパス。以下の記事が参考になるかも?

[blogcard https://sosukesuzuki.dev/posts/nodejs-import-meta-resolve/]

V8エンジンのアップデート

Chromium 113の一部であるバージョン11.3に更新されたそうです。前回は 11.2 だったようですが、いつのバージョンに入ってたのかは未確認。

テストランナーが安定版になった

Test runnerがStableになり本番環境で使えるレベルとなった。Jestより貧弱な気しかしないが一度は試してみたいところです。

[blogcard https://nodejs.org/api/test.html]

Ada 2.0の導入

URI解析のパフォーマンスが向上したほか、URLホスト名解析が楽になったっぽい?

単一実行バイナリの生成に対応

実験的な機能ですが単一実行バイナリの生成がサポートされた。リリースノートを読む限りNode.jsランタイムをバンドルすることで実現してそうなので、Electronみたいに巨大なバイナリができそうな気がする。興味深いので是非試してみたい機能。

https://nodejs.org/api/single-executable-applications.html

Web暗号化APIの互換性向上

恐らく主要なブラウザに実装されているWebCrypt実装を模倣したものが追加された?

https://github.com/nodejs/node/pull/46067

ARM64版Windowsのサポート

Node.jsの全機能がARM64版Windowsで動作するようになったとのこと。Surface Pro Xとかでも動くようになるものと思われる。単一実行バイナリの作成と合わせて嬉しい機能です。

WebAssembly System Interfaceインスタンス作成時にバージョン指定を必須に

new WASI()でバージョン指定が必須になりました。

https://nodejs.org/api/wasi.html
https://github.com/nodejs/node/pull/47391

url.parse()に無効なポート番号を持つURLを渡すと警告を出すように

次のようなURLを渡すと実行時に警告が出るようになりました。

url.parse('https://evil.com:.example.com');
url.parse('git+ssh://git@github.com:npm/npm');

https://github.com/nodejs/node/pull/45526

LTSスケジュール

20系がLTSに入るのは2023-10-24からです。

https://github.com/nodejs/release#release-schedule

ブートドライブの交換をする時に色々やったので、その記録です。メインはM2SSDの固着ネジの取りはずしです。

内容としてはCrucial P1 CT500P1SSD8JPSolidigm P44 Pro SSDPFKKW020X7X1に更新しました。

Solidigm P44 Pro SSDPFKKW020X7X1

既存SSDの抜去

交換するために既存のSSDを取り外す必要があったのですが、まずここでハマりました。何故かというと、ネジが固着してて回らないんですね…。そしてネジ穴が潰れて終わりました。しかし外せないと困るのでいくつか試してみました。

まずはネジすべり止め液。これを使えばネジ穴が潰れていてもたちまちネジが回るのだとか!

先端部が細くなっていて、ネジ穴だけに上手く差せそうですが実際はM2SSDのネジだと溢れました。ザラザラしてて取り除くのがやや面倒なのでマザボにはこぼさないほうがいいと思います。サラサラしてて割とドバッと出ます。

300円でネジが抜けるなら安いものだと思って買ったネジすべり止め液
液が出る先端部

ネジすべり止め液を差してみたところ。SSDの基板に掛かっていますがとりあえず無事でした。結局これは効果がなく、次の手を探ることに…。

期待も虚しく効果なし

そこで見かけたのが、なめたネジはずし精密用 なめたネジはずし精密用ハンドル付M1~2.6 No.3610-N)。これなら基板にダメージを与えずにネジを取り去れそうですが、近くに売っているところがなく断念しました。

次に浮かんだのがネジを外す道具として定評のあるネジザウルスです。ネジを掴んで回すのでネジ穴が潰れてても原理上問題ありません。ただ、背の低いM2SSDのネジを掴めるのかと、回してる時に基板をこすって壊さないかが心配でしたが、外せないとどうしようもないですし、試してみないことには解らないということもあり、一か八かの掛けで試してみることにしました。幸いこいつはヨドバシにあったのでその日のうちに買いに行きました。(翌日まで待つとかできない!

神戸に住んでるので頑張って梅田まで出張って買ってきました。(しかし、この後買い忘れに気づきもう一回行くハメに…

神戸から梅田までは30分くらいです

という訳でネジザウルスを買ってきました。

期待のネジザウルス、きっとこれなら外れてくれるはず

結果としてはM2SSDのネジの頭を掴むことができ、特に基板にダメージも与えずネジを外すことができたので良かったです。

外れた!
これでM2SSDを交換できる…。長い旅だった…。

ブートドライブのクローン

今使ってるマザボはM2SSDスロットが2つあり、片方がブートドライブになっているため、ドライブをクローンして新しいドライブをブートドライブとして使えるようにしていきます。残念ながらフリーのクローンソフトにめぼしいのがなかったのとDDコマンドを使ってまでやる気が出なかったので、かつてお世話になったAcronis True Imageの後継ソフトであるAcronis Cyber Protect Homeを頼ることにしました。

手順は簡単でツール → ディスクのクローンの作成を選び、表示されるウィザードに沿って進めるだけです。

クローンメニューはバックアップでなくツールの方にある

日本語が怪しくてやや分かりづらいですが一番上のやつで行けました。

翻訳がイマイチで日本語が分かりづらい…

NVMeSSDからNVMeSSDへのクローンだったので体感30秒くらいで終わりました。

NVMe SSDからNVMe SDDへのクローンは爆速でした

この後は新M2SSD抜去 → 元々差していたM2SSDを挿入 → 元々のブートM2SSDを抜去 → 新M2SSDに置換という手順で更新を完了しました。M2SSDの交換はPCケースを倒した状態でグラボも外してないと出来ないので、クローン作業との兼ね合いで結構面倒でした…。もう当分やりたくない作業です。

何はともあれブートドライブの容量を500GBから2TBに拡張できたのは良かったです。先日グラボを更新したのもあり、新鮮な気分です。