お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

Android版のEdgeには以前からプライベートモードと通常モードを切り替えられなくなったりURL編集ができなくなったり、更新ボタンが押せなくなるバグがあるが、これを直す方法を見つけたので書いておく。

その前にまず前提となる状態のスクリーンショットを貼っておく。URLバーに入ってるエロ漫画のタイトルみたいなやつは一旦無視してもらいたい。

正常時のタブ バグっているときのタブ
モードタブが正常な状態
モードタブがバグっている状態

さて、この状態を解消する方法だが、アドレスバーをスワイプすることで直すことができる。勿論、Edgeを閉じて開きなおしても直せるのだが、そうするとプライベートタブが閉じられてしまい不便だ。

私はSNSを使うときはプライベートタブで開き、都度ログインして利用するというオペレーションをしている。これによってSNSのやりすぎを防ぐようにしているのだが、通常モードとプライベートモードを往来することがしばしばあり、往来できない時に困っていたのだが、空タブを開きまくって閉じるなどすることで直ることを経験的に知っており、もっと楽な方法はないものかと画面を叩きまわっていたらこの方法を偶然見つけたのだ。

投稿日:
ジャンル::クレジットカード

私のメインカードは長らく、20年近くはVISAなのだが、現金決済の比率を上げている話でも書いたとおり、VISAやMasterが使えなくなってきているのでJCBを作った。

早速Fantiaで使ったが、PayPayやペイジーと比べると格段に楽でいい。ペイジーは振込手続きが煩雑だし、PayPayもジャストチャージがだるい。端数が出たら消すのが面倒だ。JCBはクレジットカードなので今まで通り使えるのがいい。欠点はSMBC VISA同様2FAのOTPがメールで来るのでFantiaの課金システムと相性が悪いことくらいだろう。

複数枚のカードを持つことは、管理が面倒なことや、クレジットマスター攻撃の被害にあう確率が上がるなどの理由で敬遠していたが、普段している地産地消活動同様にクレジットカードも地産地消ということでJCBを持つのも悪くないというのと、複数ブランドあったほうがどちらかが使えないケースで有用なので持つことにした。

以下の写真は今回新しく手にしたJCB Wカードと、元々持っているSMBC VISAゴールドNLを並べた写真だ。

20240616_223240.jpg

なお、JCBカード自体は以前にも二回ほど作っており、その時は用が済んだら都度解約していた。

投稿日:
ジャンル::疑問ジャンル::思考

最初に書いておくと私は分かれている意味があると考えている。しかし客観的に見た場合、国が分かれている意味はないのではないかという話だ。

現金決済の比率を上げている話でも書いたとおり、昨今表現規制に由来すると思われるクレジットカード規制が話題になっているほか、AWSの上にオタクコンテンツをまともに置くとBANされかねないという話もまことしやかにあり、昨今世間を賑わせているニコニコや角川へのサイバー攻撃も、その一つといえるだろう(AWSではなく、プライベートクラウドで運営しているというのはそういうことも理由の一つだと認識している)

さて、そう考えた場合、国際社会に反しているのは日本の法体制であるといえる。ならば、日本の法を欧米に寄せればいい、日本だけじゃなく、欧米の法に反しているすべての国でそうすればいいという話だ。どうせシステムは将来的にクラウドに配置されるし、そうでなくともデジタル機器は欧米で生産され、欧米に反抗しようものなら輸出停止などの制裁を受けてしまうことになる。つまるところ欧米と同じ法体制にしたほうが世界的な都合がいいのだ。

さてそうなったとき、法が同じなら国を分けている必要性もないのではないか?という疑問が生まれる。もし同一国家であれば戦争もおきはしない。非常に平和だ。日本や中国はかつて複数の国から構成されていたが、今は一つの国になっているのを見ればよく分かる。国というものは統合可能なのだ。国が統合されると、徐々にもともとの国にあった風俗は失われる。例えば今現代の日本で方言や地方の風習というのは最早空気レベルにしか残っていないどころか、今や大抵の地方に東京資本のチェーン店があることからしても、日本にあった国々のは今、東京によってコモディティ化されているといえよう。

そして今、欧米によってグローバル化やSDGsなどが推し進められており、イスラム系の国家ですらその影響には抗えず、女性が車を運転し始めたり、政治活動を始めたり、あまつさえは出生率も落ちてきているという。そう考えた時、日本の過去と同じ潮流が今後起きると仮定すると、世界の国々もまた一つの国家になる道を辿っているのではないかということが伺えて来る。ならば、もう国家が分かれている意味合いはないのではないか、そういうことを感じているわけだ。少なくとも少子化で各国家の規模も縮み始めている今においては、なおのこと分かれたままでいることはもうできないかもしれない。

ただ私は分かれていたほうがいいと思う。いかに日本がITで遅れていると言われていても、人権問題があり差別的と言われていても、それでもだからこそ日本には日本のいいところがあると思う。年々それもなくなってきているし、そこに執着するのは老害的なことかもしれないが、それでも私は日本らしさというのはあっていていいと思う。それがどれほど愚かでつまらないことだとしてもだ。

勿論日本だけではない、イスラム系の国々も今まであった通りの姿でよいと思う。それぞれの国の文化、風俗というものは内容がどうあれ誇っていいものだと思うからだ。それを人権やら国際的な考えという名のもと単一の法体制や、文化へコモディティ化するのは、それはDXだとか改善と呼べるかもしれないが、個人的には間違っていると思う。

2020年7月1日にレジ袋が有料化されるのに合わせて2020年2月下旬からエコバッグを使っていたのだが、今月からそれをやめた話。

辞めた理由の一つはエコバッグを常に持ち歩くのが邪魔だったからだ。私は有料レジ袋を買わないため、また制度の趣旨のためにエコバッグを利用するつもりで4年半ほどこの生活を続けていたが、年々カバンの中に常在しているエコバッグが邪魔に思えてきていた。エコバッグ自体は大きいものではないのだが、使っているかばんも大きいものではないため、わずかな容積でも邪魔になるという状況だった。ならばカバンを大きくすればいいと思うかもしれないが、大きなカバンは電車の中では邪魔になりやすいし、私は自転車に乗ることが多いので、大きなカバンを避けたいのだ。目的別にカバンを用意すればいいというのも確かな話だが、そうするとエコバッグをカバンの数分用意したり、ノートや財布の入れ忘れが発生したりという面倒さが発生する。そういった複雑性を回避しつつ、使っているカバンを一つに集約するためにエコバッグをやめるという選択肢をとることにした。

ほかにもエコバッグを洗う手間がかかるといった部分や、洗うのを嫌うあまり買い物を必要以上にためらってしまう、経年でエコバッグに痛みが出てきて破れそうだが買い替えコストを払いたくない、形状的に中のものが落ちやすいなどがあった。最後の理由については私のエコバッグにはレジ袋の真ん中にあるひもみたいな部分がないからだ。あの部分を縛っておくと自転車かごに入れたときに中身が落ちづらくなるのだが、ないとどうしても落ちやすくなってしまう。実際過去何度か落としたことがある。落ちないように配慮することもできるのだが手間である。

と、まぁ、前述した複数の理由により、エコバッグの利用をやめることにした。そしてお金を払ってレジ袋を利用することにした。レジ袋のほうが環境コストが低いというのは各所で言われているし、端的に言って正直そんなことどうでもいいからである。マイクロプラスチック問題についてもよく知らないが、私は普通にごみとして処理しており、ポイ捨てすることはないため基本的に環境影響はないはずだ。レジ袋がこの世に存在するだけで見えないレベルで破砕され、微細粒子が空気中を漂い、それが環境に影響を与えるという可能性もあるだろうが、それはもうレジ袋関係なく、プラスチック製のエコバッグでも起きる話だろう。

エコバッグをやめてよかったのは、やはりカバンの中に空きが増えたことだ。エコバッグは二つ持ち歩いていたため、これがなくなることで普段使いのカバンの中にノートPCとACアダプタとマウスを無理なく入れることができるようになったし、小さな買い物ならカバンの中にそのまま入れることが容易になった。あとはカバンの重量が少し軽くなった。エコバッグ二つで90g程度あったので、気持ち負担が減った形だ。

投稿日:
映画::トラペジウムジャンル::アニメ

ここ最近トラペジウムという映画にハマっているという話はトラペジウムを見てきた その2や、トラペジウムを見てきたでしているが、この作品はスルメの様な作品で、グッズを買う熱意が生まれるのが遅れたため、グッズを手に入れるために多数の映画館を巡礼した話だ。

実は過去にも似たことをしたことがあり、その時はソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォのミトのメインウェポンであるヴァリアブル・シックルを探し求め以下の地図のようなルートで広範囲の映画館をめぐり手に入れたのだ。因みに以下のルートにない映画館もめぐっている。

SAOPのミトの武器を手に入れるときにやった旅

この時には実に次に挙げる10館に及ぶ映画館を巡礼した。OSシネマズ神戸ハーバーランド、アースシネマズ姫路、TOHOシネマズ西宮OS、109シネマズエキスポシティ、イオンシネマ大日、梅田ブルク7、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、あべのアポロシネマ、MOVIX八尾。

参考までに件のヴァリアブル・シックルはMOVIX八尾で手に入った。他の映画館では軒並み売り切れで、ヴァリアブル・シックルだけ狙ったように消えていた。転売が横行していたのもあり、人気アイテムだったのは間違いなかったが、MOVIX八尾という比較的誰も来なさそうな映画館にはごく普通に残っていたのだ。

ヴァリアブル・シックル パッケージ表
ヴァリアブル・シックル パッケージ裏

なお、この時は公開の翌日に行動したのだが、今回は公開から四週に入ろうとしていたときだったので、かなり絶望的な状況だったが、私は諦めなかった。今回狙うアイテムはトラペジウムの学生証風アクリルチャームと、インスタントフォト風カードだった。この二つのアイテムはランダム封入で4キャラ分存在するということで、私は全キャラ分揃えたいと考えたので、どうにかして揃えることにした。Xでは前日にも入手報告が出ていたし、トラペジウムは上映館が多いわりに信じられないほどガラガラだったので、まだ手に入るという確信があった。また、前回の体験から八尾の様な誰も来なさそうなところを狙うとよさそうだと考え、その辺りを重点的に狙うことにした。

今回は平日に動き始め、四日に分けて行動している。まず初日はTOHOシネマズ西宮OSに運動もかねて自宅から自転車で向かった。ママチャリで行ったのだが、割と正気ではない距離だと思う。入場者が少ないのであれば経験上、比較的グッズの残りがいい傾向にあるここであればあると考えていたのだが、期待は見事裏切られ消えていた。この日の移動距離は30kmだった。

初日の巡礼、この日は当日も翌日も平日だったので余り動けなった

次はOSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランドに始業前の時間を活用して向かったが、これも外れた。前回見たときはまだあったのであるかと思ったら消えていた。この日は金曜日で次の日が休みだったのもあり、終業後にイオンシネマ加古川に向かった。加古川なら見る人も少ないだろうからあるだろうという見立てだったが、こちらも外れた。そして、流石に姫路にはないだろうとアースシネマズ姫路に向かったが、やはりなかった。この日の移動距離は126kmだった。

二日目の巡礼は翌日が土曜日だったので大きめの移動をした

その次は土曜日となり、時間に余裕ができたので比較的郊外にある映画館を狙い撃ちにするように大きく動くことにした。まず電話番号を公表している映画館の幾つかに電話をかけ目星をつけた。この時にはトラペジウムの入場者数が増えていることに気づいていたので、全ての映画館に電話をかけることはやめて、早く回ることを優先した。幸いこれによって奈良に寄る必要がなくなり、大阪と和歌山に絞れた。

この日は次に挙げる4館を巡った。109シネマズ箕面、ジストシネマ和歌山、ユナイテッドシネマ岸和田、TOHOシネマズくずはモール。この計画を立てる前にOSシネマズミント神戸でトラペジウムの鑑賞予約を入れていたのと、余りにも距離が離れた、行程であったため、スケジュールがだいぶ縛られた。正直正気ではない距離を移動していると思う。因みに和歌山と岸和田については最寄り駅から劇場までの距離が開いているが全て徒歩で移動している。

109シネマズ箕面とジストシネマ和歌山は出発前に在庫確認をしており、109シネマズ箕面では学生証4枚と、フォトカード3枚を手に入れることができた。ここで運よく1名分以外は揃ったため、残り1名分を探す旅になった。ジストシネマ和歌山についた時には在庫が尽きており、ユナイテッドシネマ岸和田に期待したものの、これは空振りに終わった。また、TOHOシネマズくずはモールは当初行く予定がなかったのだが、Xのフォロワーからここに在庫が多くあったという情報を聞き、行くことにした。なお到着した時にはフロントの営業が終わっていたため、在庫確認だけして帰ることとなった。幸い在庫が見れる状態で、潤沢の在庫があることが確認できたため、翌日来ることを決意した。

この日の行程は、どことなく東西南北を巡っているような十字の形をしており、図らずしもトラペジウム感のある道行きとなったので少し満足していたりする。また、この日の移動距離は361kmとなった。なお京都まで突き抜けてるのは疲労による電車の乗り間違えである。

大阪府を縦断し和歌山まで至る狂気の巡礼を刊行した三日目

さて、最終日だ。正直昨日歩き回って足が痛いが、TOHOシネマズくずはモールに潤沢な在庫があるのは確認していたため、これを取られないよう早起きして開業前に乗り付けた。そして幸いなことにここで全て揃えることができた。おそらくこの記事を書いている今でも在庫があるのではないだろうか?その後は、くずはモールで映画を見て、今後の在庫予測を立てやすくする意味合いや、気分で、次に挙げる兵庫県内の上映劇場と、大阪都心部のめぼしい劇場を巡ってみた。TOHOシネマズ伊丹、MOVIXあまがさき、T・ジョイ梅田、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば。

正直、伊丹には少し期待をしていたが見事になかった。尼崎や梅田には確実にないと思っていたが、実際なかった。特にT・ジョイはグッズの販売が極めて渋い印象があったのだが、実際パンフしか売ってなかった。TOHOシネマズなんばはTOHOシネマズ西宮OS並みにグッズの残りがよい傾向がある気がするので、少しだけ期待していたが、西宮が死んでいる以上ここも当然のごとく死んでいた。この日の移動距離は200kmとなった。

余裕がだいぶあったので最後に三宮のスイパラでやっているトラペジウムコラボにも行けたのがよかった。因みに三宮がコラボイベントの最西端である。

Xのフォロワーの助けによって勝利を掴んだ四日目

初めは徳島や香川、岡山に鳥取、島根までも巡る計画を立てていたが、無事近畿地方内で収まったのは良かった。そして総移動距離は717kmとなった。神戸から東京を遥かに超えているすさまじい距離である。巡った映画館は全14館で、次に挙げる通りだ。TOHOシネマズ西宮OS、OSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランド、イオンシネマ加古川、アースシネマズ姫路、109シネマズ箕面、ジストシネマ和歌山、ユナイテッドシネマ岸和田、TOHOシネマズくずはモール、。TOHOシネマズ伊丹、MOVIXあまがさき、T・ジョイ梅田、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば。

9館目で引き当てているため、実質前回よりは少ないのだが、距離は前回と比べると遥かに長い。

さて、以下が姫路~和歌山に至る壮大な旅をして手に入れたトラペジウムの学生証とフォトカードである。恐らく全国広しといえど、ここまでしてまで手に入れようとした人間も他にいないだろう。まさに狂気である。正直フォトカードを集める気はなかったのだが、ついでなのでこっちも集めてしまった。

何とか全員分揃えることができた学生証
ついでに揃えたフォトカード

なお、実際に行ったわけではないが、シネマサンシャイン大和郡山とイオンシネマ茨木にも在庫がないことを電話で確認している。

今回の調査で分かったのは、TOHOシネマズはグッズの仕入れ在庫が多いのではないかということと、イオンシネマは少なさそうということだ。またユナイテッドシネマ岸和田も期待できそうになかった。ジストシネマ和歌山は若干期待できそうではあったが、余りにも遠すぎる。行ってる時間で売り切れる可能性が濃厚に思うので、大阪府に存在するほかのTOHOシネマズを回るのが私の場合は良さそうに感じた。

ただ、当たり前のことではあるが、できることなら上映初日に揃え切れれば、それが最も理想的だろう。遅くなるほど辛くなる。しかしまぁ、このような旅行もそれなりに発見があったりして楽しいので、これはこれで悪くなかったりもする。実際、和歌山や岸和田を歩くのは結構楽しかった。