お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

Git configメモ

はてブ数
投稿日:
ソフトウェア::Git

設定方法

  • コマンドでやるときは以下の形式。=つけると怒られるので注意
    • git config --[scope] [variable] [value]
  • 設定ファイルに書くときはプレフィクスがINI形式のセクション名になる

設定コマンド

Windows向けだがLinuxなどでもよしなにいじれば使える

# ユーザー名
git config --global user.name "Foo Bar"
# メアド
git config --global user.email foo@example.com
# 改行コードの LF 強制
git config --global core.autocrlf false
# UTF8 文字がエスケープされるのを防止する
# 設定してないと "\343\202\275" のような表示になる
git config --global core.quotepath false
# コードエディタ
git config --global core.editor nano
# コミット時に使う gpg プログラム
git config --global gpg.program "C:/Program Files (x86)/GNU/GnuPG/bin/gpg.exe"
# コミット時に使う gpg 署名鍵
git config --global user.signingkey XXXXXXXXXXXXXXXX
# コミット時に gpg 署名する
git config --global commit.gpgsign true
# git init したときのメインブランチ
git config --global init.defaultbranch main
# push時のデフォルトブランチ
# 設定しておくと初回 push 時のオプションが不要になる
# もし別ブランチにpushする場合は注意が必要
git config --global push.default current
# pull時のデフォルトブランチ
git config --global pull.default current
# pull/fetchで削除されたリモートブランチ情報をローカルから消す
git config --global fetch.prune true

参考