お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

以下のようなコードを書いたときにmockFnにイベント引数が渡らないが、これをどうにかして取る方法。結論から言うとまともに取れないが、試行錯誤した時のログとして残しておく

const mockFn = jest.fn();
render(<input onChange={mockFn} />);
fireEvent.change(inputElement, { target: { value: 'aaa' } });

確認環境

Env Ver
@swc/core 1.3.66
@swc/jest 0.2.26
@testing-library/jest-dom 5.16.5
@testing-library/react 14.0.0
jest 29.5.0
react 18.2.0

サンプルコード

これは以下のように書くとfireEventの第二引数で指定したtarget.valueの部分だけは一応取れる。

理由としてはfireEventelement.dispatchEventを読んでいると思われるためだ。余り深くは追っていないが、react-testing-libraryの実装上は多分そうなっていると思われる。

import { fireEvent, render } from '@testing-library/react';

it('test', () => {
  const mockFn = jest.fn((ev) => {
    console.log(ev);
  });
  const { container } = render(<input id="hoge" onChange={mockFn} value={'a'} />);
  const element = container.querySelector('input');
  if (element === null) throw new Error();
  element.dispatchEvent = jest.fn();
  fireEvent.change(element, {
    target: {
      value: 'bbb'
    }
  });

  expect(element.dispatchEvent.mock.instances[0].value).toBe('bbb');
});

JestからNode.js組み込みのテストランナーに移行する時の方法や注意点をまとめたメモ

確認環境

Env ver
Node.js 20.8.0
Jest 29.7

Node.jsの組み込みテストランナーとは

英語圏ではNode.js built-in test runnerとか呼ばれている存在で、Node.jsの組み込みテストランナーのこと。恐らくDenoのテストランナーに対抗して生まれた気配がする(Node.jsはDenoに機能追加があると真似する傾向があるため

Node.jsの組み込みテストランナーは機能が二分されており、テストランナーアサートに分かれている

Jestみたいにエコシステムが発達しておらず、標準ではdescribeなどはimportする必要がある。TypeScriptをテストする場合は間にレジスター[^1]を嚙ます必要があるが、本項では扱わない

Jest関数との対応リスト

describe, it, beforeAll, afterAll, beforeEach, afterEach辺りは違和感がなかったが、それ以外は軒並み互換性がないので大きく書き換えが必要だと感じた。便利なMatcherは完膚なきまでに全滅している。お陰で覚えることが減ったのは逆に良くなったと感じる

なお、not始まりの機能は実際の動作を確認しておらず、Jestと同じ機能かどうかは確認していないことに留意すること

describe(name, fn), it(name, fn, timeout?), test(name, fn, timeout?)

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • describe([name][, options][, fn])
  • it([name][, options][, fn])
  • test([name][, options][, fn])

基本的な差はないがJestにあったtimeout引数はNode.jsではoptionsパラメーターで設定するようになっている模様。今回調べるまで存在自体を知らなかったのもあり、このtimeoutがJestと同じ機能かどうかは確認していない

import { describe, it } from 'node:test';

describe('hoge', () => {
  it('hoge', () => {
    // ここにテストコード
  });

  it.todo('piyo');
});

beforeAll(fn, timeout?), afterAll(fn, timeout?), beforeEach(fn, timeout?), afterEach(fn, timeout?)

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • before([fn][, options])
  • after([fn][, options])
  • beforeEach([fn][, options])
  • afterEach([fn][, options])

基本的な差はないがJestにあったtimeout引数はNode.jsではoptionsパラメーターで設定するようになっている模様。今回調べるまで存在自体を知らなかったのもあり、このtimeoutがJestと同じ機能かどうかは確認していない

+import { after, before, beforeEach, afterEach, describe } from 'node:test';
+
 describe('test', () => {
-  beforeAll(() => {
+  before(() => {
     console.log('before');
   });
   beforeEach(() => {
     console.log('beforeEach');
   });
   afterEach(() => {
     console.log('afterEach');
   });
-  afterAll(() => {
+  after(() => {
     console.log('after');
   });
 });

.toBe(value), .not.toBe(value)

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • assert.strictEqual(actual, expected[, message])
  • assert.notStrictEqual(actual, expected[, message])
+import { describe, it } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
     const actual = 123;

-    expect(actual).toBe(123);
+    assert.deepStrictEqual(actual, 123);
   });
 });

.toStrictEqual(value), .not.toStrictEqual(value)

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • assert.deepStrictEqual(actual, expected[, message])
  • assert.notDeepStrictEqual(actual, expected[, message])
+import { describe, it } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
     const actual = {
       hoge: {
         piyo: {
           id: 1,
           value: 'one'
         }
       },
       fuga: [[123, 456], 'ABC', 'EFG']
     };

-    expect(actual).toStrictEqual({
+    assert.deepStrictEqual(actual, {
       hoge: {
         piyo: {
           id: 1,
           value: 'one'
         }
       },
       fuga: [[123, 456], 'ABC', 'EFG']
     });
   });
 });

.toHaveLength(number), .toBeNull(), .toBeUndefined(), .toBeNaN()

Node.jsのTest機能では、assert.strictEqual()となる

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
     const arr = [1, 2, 3];
     const undef = undefined;
     const nil = null;
     const nan = NaN;

-    expect(arr).toHaveLength(3);
-    expect(undef).toBeUndefined();
-    expect(nil).toBeNull();
-    expect(nan).toBeNaN();
+    assert.strictEqual(arr.length, 3);
+    assert.strictEqual(undef, undefined);
+    assert.strictEqual(nil, null);
+    assert.strictEqual(nan, NaN);
   });
 });

.toBeTruthy()

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • assert.ok(value[, message])

否定版は不明

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    expect(true).toBeTruthy();
-    expect({}).toBeTruthy();
-    expect([]).toBeTruthy();
-    expect(42).toBeTruthy();
-    expect('0').toBeTruthy();
-    expect('false').toBeTruthy();
-    expect(new Date()).toBeTruthy();
-    expect(-42).toBeTruthy();
-    expect(12n).toBeTruthy();
-    expect(3.14).toBeTruthy();
-    expect(Infinity).toBeTruthy();
-    expect(-Infinity).toBeTruthy();
+    assert.ok(true);
+    assert.ok({});
+    assert.ok([]);
+    assert.ok(42);
+    assert.ok('0');
+    assert.ok('false');
+    assert.ok(new Date());
+    assert.ok(-42);
+    assert.ok(12n);
+    assert.ok(3.14);
+    assert.ok(Infinity);
+    assert.ok(-Infinity);
   });
 });

.toBeInstanceOf(Class)

Node.jsのTest機能では、assert.ok()となる

結果がTruthyであればなんでもpassするので注意

+import { describe, it } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
     const actual = new Error('hoge');

-    expect(actual).toBeInstanceOf(Error);
+    assert.ok(actual instanceof Error);
   });
 });

.toThrow, not.toThrow

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • assert.throws(fn[, error][, message])
  • assert.doesNotThrow(fn[, error][, message])

Jestより便利になっており、Error型以外も扱えるので後述する

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
     const err = new Error('test');

-    expect(() => {
+    assert.throws(() => {
       throw err;
-    }).toThrow(err);
+    }, err);
   });
 });
Node.jsではJestと異なりError型以外も扱える

Jestの`.toThrow()はError型以外を扱うことができず、オブジェクトをThrowするようなコードではエラーになる

describe('test', () => {
  it('test', () => {
    const obj = { id: 1, value: 'hoge' };

    // このテストは失敗する。またTypeScriptの型エラーにもなる
    expect(() => {
      throw obj;
    }).toThrow(obj);
    // このテストは失敗する。またTypeScriptの型エラーにもなる
    expect(() => {
      throw obj;
    }).toThrow({ id: 1, value: 'hoge' });
  });
});

しかしNode.jsであればこれはエラーにならない。例えば次のテストコードは成功する

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';

describe('test', () => {
  it('test', () => {
    const obj = { id: 1, value: 'hoge' };

    assert.throws(() => {
      throw obj;
    }, obj);
    assert.throws(
      () => {
        throw obj;
      },
      { id: 1, value: 'hoge' }
    );
  });
});

expect.arrayContaining(array), expect.objectContaining(object), expect.stringContaining(string)

恐らく非対称マッチャーはないので自分でロジックを書いてassert.strictEqual()で判定するしかないと思われる。元々微妙な機能だったのでやむなし

jest.spyOn(object, methodName, accessType?)

Node.jsのTest機能では、node:testからmockをimportして以下を使う

  • mock.method(object, methodName[, implementation][, options])
+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    jest.spyOn(console, 'log');
+    mock.method(console, 'log');
   });
 });
本来の挙動を塞ぎたい場合

例えば以下のようにテストコードを書いた場合、execSync()が実際の挙動で動作してしまい、テストとして機能しない。

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';
import child_process, { execSync } from 'node:child_process';

const mockedExecSync = mock.method(child_process, 'execSync');

describe('execSync', () => {
  it('execSyncが正しい引数で呼ばれること', () => {
    execSync('false');

    assert.strictEqual(mockedExecSync.mock.calls[0].arguments[0], 'false');
  });
});

このような場合、以下のようにmock.method()の第三引数を指定してやると封じることができる。単体テストの観点では基本的に第三引数には空関数を入れておくのが望ましいだろう。

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';
import child_process, { execSync } from 'node:child_process';

- const mockedExecSync = mock.method(child_process, 'execSync');
+ const mockedExecSync = mock.method(child_process, 'execSync', () => {});

describe('execSync', () => {
  it('execSyncが正しい引数で呼ばれること', () => {
    execSync('false');

    assert.strictEqual(mockedExecSync.mock.calls[0].arguments[0], 'false');
  });
});
モックパターン
module.exportsされている関数のモック

import foo from 'foo';形式でmock.method()の第一引数を埋める

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';
import child_process, { execSync } from 'node:child_process';

const mockedExecSync = mock.method(child_process, 'execSync', () => {});

describe('execSync', () => {
  it('execSyncが正しい引数で呼ばれること', () => {
    execSync('false');

    assert.strictEqual(mockedExecSync.mock.calls[0].arguments[0], 'false');
  });
});

上記が正常に動作することはNode.js v20.0.0時点のコードで確認している

Global objectから生えている関数のモック

以下のようにmock.method()の第一引数にGlobal objectを設定すればよい

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';

describe('exit', () => {
  // exitが実際に走って落ちるのでmock.methodの第三引数を指定している
  const mockedExit = mock.method(process, 'exit', () => {});

  it('call exit', () => {
    process.exit(1);

    assert.strictEqual(mockedExit.mock.calls.length, 1);
  });
});
Named exportされている関数のモックは今のところ無理そう

ファイルモックをする手段がないので正攻法では無理そう
https://github.com/nodejs/help/issues/4298

一応力技でやる方法はググれば出てくるが…

ObjectやNamespaceでラップされている関数のモック

実装例(Object)

export const Hoge = {
  validateFoo() {
    // 例外を飛ばす可能性のある何かの処理
  },
  hoge() {
    Hoge.validateFoo();

    return 1;
  },
};

実装例(Namespace)

export namespace Hoge {
  export const validateFoo = () => {
    // 例外を飛ばす可能性のある何かの処理
  };
  export const hoge = () => {
    validateFoo();

    return 1;
  };
}

実装例に対するテストコード

ObjectもNamespaceも同じ書き方でテスト可能

import { describe, it } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';
import { Hoge } from './hoge';

describe('hoge', () => {
  it('validateFooが例外をスローした場合、例外がスローされること', (t) => {
    t.mock.method(Hoge, 'validateFoo', () => {
      throw new Error('foo');
    });

    assert.throws(() => {
      Hoge.hoge();
    }, Error('foo'));
  });

  it('全ての関数が正常終了した場合、戻り値を返すこと', () => {
    const actual = Hoge.hoge();

    assert.strictEqual(actual, 1);
  });
});

.toHaveBeenCalled(), .toHaveBeenCalledTimes(number)

Node.jsのTest機能では、assert.strictEqual()でモックから生えてるやつを調べる。returnも同様の手法で実現できる

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    const spiedConsoleLog = jest.spyOn(console, 'log');
+    const mockedConsoleLog = mock.method(console, 'log');

     console.log();

-    expect(spiedConsoleLog).toHaveBeenCalled();
-    expect(spiedConsoleLog).toHaveBeenCalledTimes(1);
+    assert.deepStrictEqual(mockedConsoleLog.mock.calls.length, 1);
   });
 });

.toHaveBeenCalledWith(arg1, arg2, ...)

Node.jsのTest機能では、assert.strictEqual()でモックから生えてるやつを調べる。returnも同様の手法で実現できる。

Jestでは.toEqual()処理されるがNode.jsの組み込みテストランナーの場合、厳密比較ができるので便利

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    const spiedConsoleLog = jest.spyOn(console, 'log');
+    const mockedInfo = mock.method(console, 'log');

     console.log('test');

-    expect(spiedConsoleLog).toHaveBeenCalledWith('test');
+    assert.deepStrictEqual(mockedInfo.mock.calls[0].arguments[0], 'test');
   });
 });

jest.fn(implementation?)

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • mock.fn([original[, implementation]][, options])
+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
+// 動作確認用の関数
 const testTarget = (cbParam: string, callbackFn: (param: string) => number) => {
   return callbackFn(cbParam);
 };

 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    const mockFn = jest.fn((_: string) => {
+    const mockFn = mock.fn((_: string) => {
       return 5;
     });
     const actual = testTarget('hoge', mockFn);

-    expect(mockFn).toBeCalledWith('hoge');
-    expect(mockFn).toReturnWith(5);
-    expect(actual).toBe(5);
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].arguments[0], 'hoge');
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].result, 5);
+    assert.deepStrictEqual(actual, 5);
   });
 });

jest.useFakeTimers(fakeTimersConfig?), jest.runAllTimers()

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • mock.timers.enable([timers])
  • mock.timers.runAll()
+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
+describe('test', () => {
-  jest.useFakeTimers();
+  mock.timers.enable();

+  it('test', () => {
-    const mockFn = jest.fn();
+    const mockFn = mock.fn();
     setTimeout(() => {
       mockFn();
     }, 9999);

-    expect(mockFn).not.toHaveBeenCalled();
-    jest.runAllTimers();
-    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(1);
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 0);
+    mock.timers.runAll();
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 1);
   });
 });

jest.useRealTimers()

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • mock.timers.reset()
+import { mock } from 'node:test';

-jest.useRealTimers();
+mock.timers.reset();

mockFn.mockClear()

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • ctx.resetCalls()
+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    const mockFn = jest.fn((param: string) => `<${param}>`);
+    const mockFn = mock.fn((param: string) => `<${param}>`);

     mockFn('hoge');
-    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(1);
-    expect(mockFn).toReturnWith('<hoge>');
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 1);
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].result, '<hoge>');

-    mockFn.mockClear();
+    mockFn.mock.resetCalls();

-    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(0);
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 0);
     mockFn('piyo');
-    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(1);
-    expect(mockFn).toReturnWith('<piyo>');
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 1);
+    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].result, '<piyo>');
   });
 });

mockFn.mockReset()

Node.jsのTest機能では、以下となる

  • mockFn.mock.restore()

振る舞いが微妙に違うため後述する

+import { describe, it, mock } from 'node:test';
+import assert from 'node:assert';
+
 describe('test', () => {
   it('test', () => {
-    const spiedConsoleLog = jest
-      .spyOn(console, 'log')
-      .mockImplementation((param: any) => {
-        return `<${param}>`;
-      });
+    const mockedConsoleLog = mock.method(console, 'log', (param: any) => {
+      return `<${param}>`;
+    });

     console.log('hoge');
-    expect(spiedConsoleLog).toHaveBeenCalledTimes(1);
-    expect(spiedConsoleLog).toReturnWith('<hoge>');
+    assert.deepStrictEqual(mockedConsoleLog.mock.calls.length, 1);
+    assert.deepStrictEqual(mockedConsoleLog.mock.calls[0].result, '<hoge>');

-    spiedConsoleLog.mockReset();
+    mockedConsoleLog.mock.restore();
   });
 });

JestとNode.jsでの振る舞いの差異

但しJestとNode.jsのTest機能では微妙に差異がある

例えばJestでは以下の実装が正しくPASSするが

describe('test', () => {
  it('test', () => {
    const mockFn = jest
      .spyOn(console, 'log')
      .mockImplementation((param: any) => {
        return `<${param}>`;
      });

    console.log('hoge');
    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(1);
    expect(mockFn).toReturnWith('<hoge>');

    mockFn.mockReset();

    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(0);
    console.log('piyo');
    expect(mockFn).toHaveBeenCalledTimes(1);
    expect(mockFn).not.toHaveBeenCalledWith();
    expect(mockFn).toReturnWith(undefined);
  });
});

Node.jsで以下の実装を書いても同じように機能しない

import { describe, it, mock } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';

describe('test', () => {
  it('test', () => {
    const mockFn = mock.method(console, 'log', (param: any) => {
      return `<${param}>`;
    });

    console.log('hoge');
    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 1);
    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].result, '<hoge>');

    mockFn.mock.resetCalls();
    mockFn.mock.restore();

    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 0);
    console.log('piyo');
    // 以降のテストはいずれも落ちる
    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls.length, 1);
    assert.deepStrictEqual(mockFn.mock.calls[0].result, '<piyo>');
  });
});

但しモック実装を削除したうえで再度呼び出すという行為には意味がないので、特に問題にはならないと思われる

モック機能についての備考

it([name][, options][, fn])の第三引数のコールバックの第一引数にはTestContextが入っており、これを使ってモックすることもできる

これを使う場合、スコープアウトでモックが復元されるため、例えば以下のような関数をテストするときに便利である。

実装

export namespace Hoge {
  export const validateFoo = () => {
    // 例外を飛ばす可能性のある何かの処理
  };

  export const validateBar = () => {
    // 例外を飛ばす可能性のある何かの処理
  };

  export const validateBaz = () => {
    // 例外を飛ばす可能性のある何かの処理
  };

  export const hoge = () => {
    validateFoo();
    validateBar();
    validateBaz();

    return 1;
  };
}

テストコード

import { describe, it } from 'node:test';
import assert from 'node:assert';
import { Hoge } from './hoge';

describe('hoge', () => {
  it('validateFooが例外をスローした場合、例外がスローされること', (t) => {
    t.mock.method(Hoge, 'validateFoo', () => {
      throw new Error('foo');
    });

    assert.throws(() => {
      Hoge.hoge();
    }, Error('foo'));
  });

  it('validateBarが例外をスローした場合、例外がスローされること', (t) => {
    t.mock.method(Hoge, 'validateBar', () => {
      throw new Error('bar');
    });

    assert.throws(() => {
      Hoge.hoge();
    }, Error('bar'));
  });

  it('validateBazが例外をスローした場合、例外がスローされること', (t) => {
    t.mock.method(Hoge, 'validateBaz', () => {
      throw new Error('baz');
    });

    assert.throws(() => {
      Hoge.hoge();
    }, Error('baz'));
  });

  it('全ての関数が正常終了した場合、戻り値を返すこと', () => {
    const actual = Hoge.hoge();

    assert.strictEqual(actual, 1);
  });
});
はてブ数
投稿日:
Node.js::Jest開発::テスト

Jestで無限ループ処理をテストするときにループから抜けられなくて困ったのでメモ。

参考までにこの記事ではイベントループのように脱出手段のある無限ループを想定しています。

確認環境

Env Ver
@types/jest 29.5.7
jest 29.7.0
typescript 5.2.2

サンプルコード

テスト対象のコード

import { getHandle } from './lib/get-handle';

export const main = () => {
  for (;;) {
    const handle = getHandle();
    if (handle === 'Click') {
      console.log('click');
    } else if (handle === 'KeyDown') {
      console.log('keydown');
    } else {
      break;
    }
  }
};

テストコード

.mockReturnValue()ではなく.mockReturnValueOnce()を使うのが肝です。

.mockReturnValue()だと同じ値が毎回返るので無限ループから抜けられませんが、.mockReturnValueOnce()は一回だけなので抜けられます。チェーンすると二回目、三回目の返り値も設定できます。

なお、以下の例では.mockReturnValueOnce()をチェーンさせていますが、させなくてもテストとしては正常に動作します。指定がない場合はundefinedが返るようです。(基本的には明示的に指定しておいた方が良いと考えています。

import { main } from '.';
import * as getHndl from './lib/get-handle';

jest.mock('./lib/get-handle');

describe('main', () => {
  it('Clickイベントの分岐に入ること', () => {
    jest
      .spyOn(getHndl, 'getHandle')
      .mockReturnValueOnce('Click')
      .mockReturnValueOnce('');

    const spiedConsoleLog = jest.spyOn(console, 'log');

    main();

    expect(spiedConsoleLog).toHaveBeenCalledWith('click');
  });
});

余談

.toHaveBeenCalledWith().toEqual()同じロジックで判定しているらしいので、.toStrictEqual()版もあると便利な気がしました。気が向いたらPR出してみようかな…。

参考

はてブ数
投稿日:
言語::TypeScriptNode.js::npmNode.js::JestNode.js::ESLint

ローカルで動作するNode.jsのライブラリ(node_modules)欲しくないですか?欲しいですよね?という訳で作ってみました。

要件としてはTypeScriptで実装出来、Jestでテスト可能で、ESLintでLintが可能というところです。

確認環境

Env Ver
@swc/cli 0.1.62
@swc/core 1.3.93
@swc/jest 0.2.29
@types/jest 29.5.5
@types/node 20.8.6
@typescript-eslint/eslint-plugin 6.7.5
@typescript-eslint/parser 6.7.5
eslint 8.51.0
eslint-config-prettier 9.0.0
eslint-plugin-jest 27.4.2
jest 29.7.0
jest-watch-typeahead 2.2.2
prettier 3.0.3
ts-jest 29.1.1
typescript 5.2.2
Node.js 20.8.0
npm 10.1.0

サンプル実装

https://github.com/Lycolia/ts-library-example

実装について

フォルダ構成

monorepoでmainからlibrary/singleやlibrary/multi/hoge, piyoを参照するような構成です。

root
└─packages
    ├─library // ライブラリ側
    │  └─packages
    │      ├─multi // 複数ファイルのライブラリ
    │      │  └─src
    │      │      └─utils
    │      │          ├─hoge
    │      │          └─piyo
    │      └─single // 単一ファイルのライブラリ
    │          └─src
    └─main // ライブラリを使う側
        └─src
            └─libs

実装時のポイント

これが全てというわけではないと思いますが、一旦今回作ったもののポイントを解説していきます。利用側がtscを利用しない場合、ライブラリ側と利用側で構成は別々になります。

またこの実装はエディタにVSCodeを利用し、importするパスが相対パスであることを前提に説明しています。

ライブラリ側のポイント
ビルドに関して

まずビルドに関してはtscでやります。

これはTypeScriptで開発するためにはビルド成果物として.d.tsファイルが必要になるのと、Jestを通すためにビルド成果物がCommonJS形式(以下CJS)である必要があるためです。CJSが吐けるなら何でもいいとは思いますが、.d.tsも必要になるので、tscを使うのが無難な選択肢だと思います。

テストファイルを出力したくないので、tsconfig.jsonはビルドと開発で分けます。

またtsconfig.jsonは各ワークスペースのルートに置いて置く必要があります。これはTypeScriptがtsconfig.jsonのパスを起点として動作するためです。

ビルド用の設定ポイントとしては以下の通りです。

  • "compilerOptions"
    • "module": "NodeNext"
      • これがないとパス解決が上手く行きません
    • "moduleResolution": "NodeNext"
      • これがないとパス解決が上手く行きません
    • "declaration": true,
      • .d.tsの出力に使います
    • "outDir": "./dist",
      • ビルド成果物の出力先です
  • "exclude": ["src/**/*.spec.ts"]
    • ビルド時にテストファイルは不要なので無視します
  • "include": ["src/**/*"]
    • 参照するソースコードです
Jestに関して

ビルドにtscを使うため、Jestのローダーとしてもts-jestを利用します。公式ではbabelが推奨されているようですが、構成方法が不明だったので諦めました。BabelはJest公式の案内通りにやっても多分上手く行きません。

jest.config.jsには以下の設定を追加します。

preset: 'ts-jest'
開発用の設定について

開発とビルドでtsconfig.jsonを分けるので、開発用のも必要です。これはビルド用から"exclude": ["src/**/*.spec.ts"]を抜くだけです。

ライブラリを外部参照させる方法

基本的にはpackage.jsonに外部参照させるための定義を書くことによって行います。

この辺りの仕様はdocs.npmjs.comにはなく、nodejs.orgにあります。

単一ファイルの外部参照

単一ファイルを外部参照(import出来るように)するときに使う手法です。

importimport { hoge } from '@my-lib/example'みたいな書き方をしたい時に必要になるやつです。

以下の様にビルド成果物の.jsのパスをpackage.jsonに追加してやると出来るようになります。

"main": "./dist/index.js",

以下の書き方でも同様に可能です。

"exports": {
  ".": {
    "default": "./dist/index.js"
  }
},

上記には他にtypesというフィールドがあり、本来ここに.d.tsを追加するのですが、TypeScriptが解決してくれるので、なくても動きます。一応ない場合はファイル探索を行うようなので、あった方が少しだけパフォーマンスが上がるかもしれません。

複数ファイルの外部参照

複数ファイルを外部参照(import出来るように)するときに使う手法です。

基本的に何もしなくてよいですが、import { hoge } from '@my-lib/example'みたいな書き方もしたい場合は以下の記述が必要です。

"main": "./dist/core/index.js"

ここで指定していないものはimport { hoge } from '@my-lic/example/dist/hoge'みたいにして参照します。distがダサくて嫌な場合は適当な名前に変えます。

参考までに@actions/githubはバージョン6.0.0時点でdistに相当する部分をlibにしており、import { Context } from '@actions/github/lib/context';の様にして参照するようになっています。

exportsを使ってdistを隠すことも出来るとは思うのですが面倒なので試してません。

ライブラリ側を利用する側のポイント

今回利用する側はビルドにswcを使う想定ですが、たぶんなんでも動くと思います。参考までにswc-loader + webpackでも動きました。

開発用の設定について

tsconfig.jsonに以下の設定があれば恐らく最低限大丈夫だと思います。

  • "compilerOptions"
    • "module": "NodeNext"
      • これがないとパス解決が上手く行きません
    • "moduleResolution": "NodeNext"
      • これがないとパス解決が上手く行きません
  • "include": ["src/**/*"]
    • 参照するソースコードです
ライブラリのインストール方法について

以下のように相対パスを指定するとインストールできます。

npm i ../package/library/package/single

消すときはパッケージ名を指定すれば消せます。

npm un @lycolia/library-example-single

試したけどダメだったやつら

色々してる過程で試行錯誤した名残。

ライブラリ側のJestでbabelを使おうとやったこと

以下の二通りの設定は試しましたが、どっちもダメだったので諦めました。何よりtscを使うならts-jestの方が楽なのは確定的に明らかですし…。

presets: [
  ['@babel/preset-env', {targets: {node: 'current'}}],
  '@babel/preset-typescript',
],
presets: [
  ['@babel/preset-env', {targets: {node: 'current'}, modules: 'commonjs'}],
  '@babel/preset-typescript',
],

ライブラリ側をswcでビルド

.swcrcを以下の設定にしても

"module": {
  "type": "commonjs"
},

以下の出力がされるため、jest.spyOn()が上手く動かない(getが邪魔でhelloが見れない

"use strict";
Object.defineProperty(exports, "__esModule", {
  value: true
});
Object.defineProperty(exports, "hello", {
  enumerable: true,
  get: function() {
    return hello;
  }
});
const hello = (param)=>{
  console.log(param);
};

どの道これでは.d.tsが出せないので、あんま意味ないなと…。

参考にしたもの

実装方法は@actions/githubが一番単純で参考になると思います。

実装はビルド成果物とビルド前のコード、package.jsontsconfig.json辺りがどうなっているのかを参考にしました。

ESM化が叫ばれて久しいですが、未だにJestはESMとCJSが混在したコードを処理してくれません。

Getting StartedにもSWCに対する言及がないので、きっともう忘れられているのでしょう。swc-project/jestの方も特にやる気はなさそうだし、やりたければ自分でPR書きましょうって感じだと思います。きっと。

確認環境

node_modules配下にESMで作られたモジュールが存在し、コードはTypeScript、トランスパイルにはSWCを利用する。

Env Ver
@swc/cli 0.1.62
@swc/core 1.3.92
@swc/jest 0.2.29
@swc/register 0.1.10
jest 29.7.0
typescript 5.2.2

やったけど意味がなかったこと

  • package.jsontypemoduleにする
  • jest.config.jstransformIgnorePatternsにESMモジュールのパスだけ除外する設定を書く
  • 上記に加えてtransform.jsc.pathpkg-name: ['node_modules/pkg-name']を追記する
  • node --experimental-vm-modules node_modules/jest/bin/jest.jsで実行する
    • 多少マシになったがコケるものはコケる
  • ESMで書かれたモジュールを丸ごとモックする
    • 一切効果なし

所感

多分Webpackでバンドルしてnode_modulesの中身も外も関係ない状態にするのが一番無難なのではないかと思いました。

Node.jsの組み込みテストランナーにすれば解決するかな?と思ったものの、こちらは現状SWCでは使えそうにないので諦めました。
参考までに以下のコマンドで走らさせられます。

node --require @swc/register --test ./src/**/*.spec.ts

取り敢えずESMに引っかったモジュールはCJS時のバージョンを維持しておくことにしましたが、このままだとSWC使えないし、なんとかなって欲しいですね。Webpack使えば解決できるのはわかるんですが、このために使いたくないので、テストを重視する場合、Vitestを持つViteが有力候補になって来そうです。

2024-02-17追記

esbuild + Node.js built-in test runnerの組み合わせであればテストはできるが肝心の実行ができず無意味だった