お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。
投稿日:
技術::プロトコル::HTTP言語::PHPNode.js::その他

動機としてはcurlだと見えない部分があるので、自分でHTTPメッセージを手組みして送ってみたかった。

Node.jsとPHPのサーバーでリクエストが期待通り取得できたので、メッセージの実装としては問題ないと思われる。

検証用サーバー

以下のコードをNode.js v20.11.1を用いて検証

import http from 'node:http';

http
  .createServer((req, res) => {
    console.log(req.headers);
    req.on('data', (chunk) => {
      // body
      console.log(Buffer.from(chunk).toString());
    });
    res.statusCode = 200;
    res.end();
  })
  .listen(9999);

netcatコマンドによるリクエスト検証

GETリクエスト

echo -e 'GET / HTTP/1.1\r\nHost: localhost:9999\r\n\r\n' | nc localhost 9999

POSTリクエスト

echo -e 'POST / HTTP/1.1\r\nHost: localhost:9999\r\nContent-Length: 4\r\n\r\nhoge' | nc localhost 9999

備考

PHPで検証サーバーを作る場合

実際にAPサーバーでリクエストの中身をパース出来るかどうかの観点で見た場合にNode.jsよりPHPのが楽なので、PHPで作ってみた結果、軽くハマったので残しておく。

以下のコードを用いてPHP 8.0.29で検証サーバーを作る場合に、php -S 0.0.0.0:9999としてサーバーを起動すると、Content-Typeヘッダがない場合に正常な動作をしなかった。

<?php

var_dump($_SERVER);
var_dump($_REQUEST);

ncで検証サーバーを作る場合

デバッグ用。生のメッセージが見れるのでダンプしてdiffを取るなどでcurlとecho + ncの差分を見るのに使える。

nc -l 9999

HTTPメソッド名を非標準的なものにした場合の挙動

前述のNode.jsサーバーでは400 Bad Request、PHPサーバーでは501 Not Implementedが応答された。

投稿日:
言語::TypeScript

process.exit()のラッパーだったり、throwする関数だったりして、戻り値がneverを取る関数で、TypeScript上、後続処理がデッドロジックになるものを作る方法。

確認環境

Env Ver
TypeScript 5.4.5

やりたいこと

process.exit()を書くと次の行以降がデッドロジック扱いされるが、これをやりたい。

process.exit()を書くと次の行以降がデッドロジック扱いされる

問題点

普通に実装して型推論に任せてもうまくいかない。

例えば次の左図の関数の戻り値型はneverだが、右図ではデッドロジックとならない。

関数の戻り値型はnever
neverなのに後続がデッドロジック扱いされない

これは次のように戻り値の型にneverを直書きしても機能しない。

戻り値の型にneverを直書きしても機能しない

解決策

次の左図のように関数そのものの型を作ると解決できる。右図を見るとデッドロジックになっていることが確認できる。

関数そのものの型を作る
関数そのものの型があれば、後続もデッドロジック扱いされる

何のためにこれをやるか

別の関数から呼んだときに、呼び側の関数の戻り値型を正しくするためだ。下図はデッドロジックになっていない状態のときのものだが、処理が死なずに通り抜けてしまうのでundefinedが帰ることになっており、この関数の呼び下でundefinedだった時の処理を書く必要が出てきてしまう。

デッドロジック扱いされない状態では戻り値の状態が不正になる

しかし、デッドロジック扱いになっていれば下図のように戻り値の型が期待した通りの内容になる。この関数がundefinedを返すことはないので、この状態を実現するために行っている。

paste-image-2024-25-8_12-24-37-594.png

関連記事

投稿日:
言語::TypeScriptNode.js::ESLintNode.js::Jest

依存ライブラリの関係でESLint v9への移行はできていないが、取り合えずFlat configに移行した。ESLintは7.9.0から8.57.0に更新している。

確認環境

Flat configになってからeslint:recommendedは@eslint/jsに移った模様。

Env Ver
@eslint/js 9.2.0
@lycolia/eslint-config 0.9.1
@swc/jest 0.2.31
@types/jest 29.5.11
@types/node 20.11.5
eslint 8.57.0
eslint-plugin-jest 28.5.0
jest 29.7.0
prettier 3.2.5
typescript 5.4.5
typescript-eslint 7.8.0

元の設定

{
  "extends": [
    "eslint:recommended",
    "plugin:@typescript-eslint/recommended",
    "plugin:jest/style",
    "plugin:jest/recommended",
    "@lycolia/eslint-config",
    "prettier"
  ],
  "plugins": [
    "@typescript-eslint"
  ],
  "parser": "@typescript-eslint/parser",
  "parserOptions": {
    "project": "./tsconfig.json"
  }
}

やったこと

ESLintなど必要ライブラリのアップデート

npm i -D eslint @eslint/js eslint-plugin-jest jest prettier typescript typescript-eslint @lycolia/eslint-config

新設定の作成

eslint.config.jsを作成

extendsの設定

今までextendsに書いていたものはrequireでモジュールを参照してmodule.exports = []の配列の中に書いた。typescript-eslintとeslint-plugin-jestの対応が何とも言えない。なお、この状態だとtypescript-eslintが正常に動かない。

const eslint = require("@eslint/js");
const eslintTypeScript = require("typescript-eslint");
const eslintJest = require("eslint-plugin-jest");
const eslintLycolia = require("@lycolia/eslint-config");

module.exports = [
  eslint.configs.recommended,
  eslintTypeScript.configs.recommended[0],
  eslintJest.configs["flat/style"],
  eslintJest.configs["flat/recommended"],
  eslintLycolia,
];

設定が競合して都合が悪かったので、この時にPrettierの設定を削除しているが、Flat config化とは特に関係ないので無視してよい。

@lycolia/eslint-configは私が作っているカスタム設定だが、これは特に何もせずとも使えた。

.eslintignore対応

extendsしたオブジェクトの次にオブジェクトを記述し、そこにignores: []を追加し、その中に同じことを書いた。恐らく根っこの配列はESLintの設定オブジェクトの羅列で、最終的に後勝ちでマージされる様に出来ているのだろう。

const eslint = require("@eslint/js");
const eslintTypeScript = require("typescript-eslint");
const eslintJest = require("eslint-plugin-jest");
const eslintLycolia = require("@lycolia/eslint-config");

module.exports = [
  eslint.configs.recommended,
  eslintTypeScript.configs.recommended[0],
  eslintJest.configs["flat/style"],
  eslintJest.configs["flat/recommended"],
  eslintLycolia,
  {
    ignores: [
      'dist/*',
      'coverage/*',
      '**/*.d.ts',
      '/src/public/',
      '/src/type',
      '*.config.js'
    ],
  }
];

TypeScript対応

eslintTypeScript.config()でESLintの設定配列全体を引数としてラップし、languageOptionsの中身を移植した。旧設定にあったplugins公式のドキュメントを見る限り不要になっている模様

const eslint = require('@eslint/js');
const eslintTypeScript = require('typescript-eslint');
const eslintJest = require('eslint-plugin-jest');
const eslintLycolia = require('@lycolia/eslint-config');

module.exports = eslintTypeScript.config(
  eslint.configs.recommended,
  ...eslintTypeScript.configs.recommended,
  eslintJest.configs['flat/style'],
  eslintJest.configs['flat/recommended'],
  eslintLycolia,
  {
    ignores: [
      'dist/*',
      'coverage/*',
      '**/*.d.ts',
      '/src/public/',
      '/src/type',
      '*.config.js'
    ],
    languageOptions: {
      parser: eslintTypeScript.parser,
      parserOptions: {
        project: './tsconfig.json'
      }
    }
  }
);

旧設定の削除

.eslintrc.eslintignoreを消した。

ESLint v9対応

typescript-eslintが対応していないため、現時点ではできなかった。

変更差分まとめ

-{
-  "extends": [
-    "eslint:recommended",
-    "plugin:@typescript-eslint/recommended",
-    "plugin:jest/style",
-    "plugin:jest/recommended",
-    "@lycolia/eslint-config",
-    "prettier"
-  ],
-  "plugins": [
-    "@typescript-eslint"
-  ],
-  "parser": "@typescript-eslint/parser",
-  "parserOptions": {
-    "project": "./tsconfig.json"
+const eslint = require('@eslint/js');
+const eslintTypeScript = require('typescript-eslint');
+const eslintJest = require('eslint-plugin-jest');
+const eslintLycolia = require('@lycolia/eslint-config');
+
+module.exports = eslintTypeScript.config(
+  eslint.configs.recommended,
+  ...eslintTypeScript.configs.recommended,
+  eslintJest.configs['flat/style'],
+  eslintJest.configs['flat/recommended'],
+  eslintLycolia,
+  {
+    ignores: [
+      'dist/*',
+      'coverage/*',
+      '**/*.d.ts',
+      '/src/public/',
+      '/src/type',
+      '*.config.js'
+    ],
+    rules: {
+      semi: ['error', 'always']
+    },
+    languageOptions: {
+      parser: eslintTypeScript.parser,
+      parserOptions: {
+        project: './tsconfig.json'
+      }
+    }
   }
-}
+);
投稿日:
言語::TypeScriptジャンル::思考

ここ5年間くらいTypeScriptを書くことが多いが、何故TypeScriptで書いているかについてメリデメを大まかに整理してみる。

メリットに感じている部分

  1. 静的型付けがある
    • IDEで入力保管が出るのは便利だし、型ミスによるバグも見つけやすい
  2. マルチプラットフォーム
    • OSの差を意識せず開発しやすい
  3. VSCodeで書きやすい
    • IntelliJ使いたくないので…
  4. テストコードを書くのが楽
    • Jestは扱いやすい
  5. 大抵のことができる
    • CLIアプリからWebサーバー、Webフロントエンドまでこれ一本でできるのは嬉しい

デメリットに感じている部分

  1. 依存地獄
    • node_modules配下が地獄になりがち
  2. Node.jsの頻繁なバージョンアップ
    • TypeScriptはNode.jsに依存しているため、どうしてもこの部分に引っ張られがち(DenoとかBunとかそういうのは関知しない)
      • fsを中心に破壊的変更がよくあり、割合壊れる
  3. デバッグがめんどくさい
    • C#だとデバッガを上げるのは楽だがNode.jsはめんどくさい
    • たまに素直にブレークポイントにはまってくれないこともあり辛い
  4. 言語エンジンが重い
    • 入力補完や型情報の照会などはコードが肥大化するにつれ重くなる
    • そのためにキャッシュ機能があるようだが、ブランチを切り替えるとキャッシュされた型情報を見てくるせいでうまく動かないなど面倒
投稿日:
言語::TypeScriptNode.js::Jest開発::テスト

関数の仮引数にthisが入っているタイプの奴。FastifyのsetErrorHandlerに渡す関数のテストをする時に詰まったので書いておく。滅多に遭遇しないケースだと思う。

確認環境

Env Ver
jest 29.7.0
typescript 5.3.3

実装コード

export class HogeServer {
  constructor() {
    console.log();
  }
}

interface HogeServerInstance {
  setErrorHandler(
    handler: (
      this: HogeServer,
      error: unknown,
      callback: (code: number) => void
    ) => void
  ): HogeServer;
}

// 型定義にthisが入っていてテスト時に上手くいかない
// const handle: (this: HogeServer, error: unknown, callback: (code: number) => void) => void
type HandlerFunc = Parameters<HogeServerInstance['setErrorHandler']>[0];

export const handle: HandlerFunc = (err, cb) => {
  if (err instanceof Error) {
    cb(500);
  } else {
    cb(200);
  }
};

export const fuga = (s: HogeServerInstance) => {
  s.setErrorHandler(handle);
};

テストコード

import { HogeServer, handle } from '.';

describe('handle', () => {
  it('errがErrorインスタンスの時', () => {
    const thisMock = {} as unknown as HogeServer;
    const err = new Error('error-hoge');
    const cbFn = jest.fn();
    // .call()を使うことでthis付きで呼び出せる
    handle.call(thisMock, err, cbFn);

    expect(cbFn).toHaveBeenCalledWith(500);
  });

  it('errがErrorインスタンスではない時', () => {
    const thisMock = {} as unknown as HogeServer;
    const err = 1234;
    const cbFn = jest.fn();
    handle.call(thisMock, err, cbFn);

    expect(cbFn).toHaveBeenCalledWith(200);
  });
});