お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

以下のようなコードを書いたときにmockFnにイベント引数が渡らないが、これをどうにかして取る方法。結論から言うとまともに取れないが、試行錯誤した時のログとして残しておく

const mockFn = jest.fn();
render(<input onChange={mockFn} />);
fireEvent.change(inputElement, { target: { value: 'aaa' } });

確認環境

Env Ver
@swc/core 1.3.66
@swc/jest 0.2.26
@testing-library/jest-dom 5.16.5
@testing-library/react 14.0.0
jest 29.5.0
react 18.2.0

サンプルコード

これは以下のように書くとfireEventの第二引数で指定したtarget.valueの部分だけは一応取れる。

理由としてはfireEventelement.dispatchEventを読んでいると思われるためだ。余り深くは追っていないが、react-testing-libraryの実装上は多分そうなっていると思われる。

import { fireEvent, render } from '@testing-library/react';

it('test', () => {
  const mockFn = jest.fn((ev) => {
    console.log(ev);
  });
  const { container } = render(<input id="hoge" onChange={mockFn} value={'a'} />);
  const element = container.querySelector('input');
  if (element === null) throw new Error();
  element.dispatchEvent = jest.fn();
  fireEvent.change(element, {
    target: {
      value: 'bbb'
    }
  });

  expect(element.dispatchEvent.mock.instances[0].value).toBe('bbb');
});

書いてなさ過ぎて忘れるので備忘録として書き出しておく。必要最低限の設定なので要件が他にある場合は追加が必要。

React(SPA)

SPAなのでパスがなければ全部index.htmlに飛ばす。原理はどれも同じなのでVueやAngularなどのSPAもこれで行けると思う。ケツの=404がないと無限リダイレクトを起こす。

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    root /path/to;
    index index.html;
    try_files $uri /index.html =404;
  }
}

Next.js(SSR)

SSRなのでNext.jsのサーバープロセスにリバースプロキシする。別に直結してもいいが手前にルーティング機構があるほうが便利である。

mapステートメントがあるのは、これがないとiOS Safariでアクセスできないため

map $http_upgrade $connection_upgrade {
    default upgrade;
    ''      close;
}

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    proxy_http_version 1.1;
    proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
    proxy_set_header Connection "upgrade";
    proxy_pass  http://localhost:3000;
  }

}

Next.js(SSG)

SPAではないのでパスがなければ同名のhtmlファイルに飛ばす。ケツの=404がないと無限リダイレクトを起こす。

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    root /path/to;
    index index.html;
    try_files $uri $uri.html =404;
  }

}

SCSS Moduleを使ったNext.jsと連携させてるStorybookを6.5から7.0に上げたときの手順とトラブルシューティング

環境移行内容

moduleのバージョンをbeforeからafterにアップデート

module before after
@storybook/addon-actions 6.5.13 7.0.24
@storybook/addon-essentials 6.5.13 7.0.24
@storybook/addon-links 6.5.13 7.0.24
@storybook/builder-webpack5 6.5.13 7.0.24
@storybook/manager-webpack5 6.5.13 6.5.16
@storybook/preset-scss 1.0.3 1.0.3
@storybook/react 6.5.13 7.0.24

やったこと

  1. storybook周りの最新化
npm i @storybook/xxx@latest && @storybook/yyy@latest ...
  1. sb devする
  2. エラーが出るので言われたとおりにnpx storybook@next automigrateを流す
  3. 適当に説明を読みながら進める
    1. 私のケースでは全部Yで問題ありませんでした
  4. storyファイルをs/storyName/name/で置換する
    1. なんか書式が変わったらしい
  5. .storybook/main.jsaddonsにある'@storybook/preset-scss'を削除
  6. ComponentStoryObjStoryObj に置換
  7. storybook devで起動確認
    1. storybook devで起動確認

トラブルシューティング

start-storybookが動かない

start-storybookが動かない

@storybook/cliを導入してstart-storybooksb devに置き換え

https://github.com/storybookjs/storybook/issues/18923#issuecomment-1214280920

sb devがコケる

sb devがコケる

書かれてる通りにnpx storybook@next automigrateを流す
何か色々変更点を教えてくれるので適宜読んで対処する

内容を読みつつ対処
内容を読みつつ対処

終わったらnpx storybook devを流せば起動します

Unexpected usage of "storyName" in "Example". Please use "name" instead.

storyNamenameに変える。

  export const Example: Story = {
-   storyName: 'ほげほげ',
+   name: 'ほげほげ',
  }

sass-loader が動かない

ModuleBuildError: Module build failed (from ./node_modules/sass-loader/dist/cjs.js):
SassError: expected "{".
  ╷
2 │       import API from "!../../../node_modules/style-loader/dist/runtime/injectStylesIntoStyleTag.js";

.storybook/main.jsaddons'@storybook/preset-scss'がいたら消す

  module.exports = {
    stories: ['../src/**/*.stories.@(js|jsx|ts|tsx)'],
    addons: [
      '@storybook/addon-links',
      '@storybook/addon-essentials',
-     '@storybook/preset-scss',
    ],
    framework: {
      name: '@storybook/nextjs',
      options: {},
    },
    docs: {
      autodocs: true,
    },
  };

ゴミなので@storybook/preset-scssを消しておく

npm un @storybook/preset-scss

@storybook/nextjsに入ってるからなくて良くなったらしい

Next.js 11から12にしたらHMRが死んだので復活させるための設定を書いておく

確認環境

Env Ver
nginx Windows-1.21.4
Next.js 12.0.4

設定例

標準状態でnpx nextを叩いた状態を想定している

map $http_upgrade $connection_upgrade {
    default upgrade;
    ''      close;
}

server {
    listen       80;

    location / {
        proxy_http_version 1.1;
        proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
        proxy_set_header Connection "upgrade";
        proxy_pass  http://localhost:3000;
    }
}

確認環境

Env Ver
next 11.1.2
typescript 4.3.4

サンプルコード

__mocks__/next/router.ts

export const useRouter = () => {
  return {
    route: '/',
    pathname: '',
    query: '',
    asPath: '',
    push: jest.fn(),
    replace: jest.fn(),
    events: {
      on: jest.fn(),
      off: jest.fn(),
    },
    beforePopState: jest.fn(() => null),
    prefetch: jest.fn(() => null),
  };
};