お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。
投稿日:
その他::SSH

基本のフォーマット

複数のホストを記述でき ssh <Host> で接続できる

Host hoge
   User foo
   Hostname git1.example.com
   IdentityFile ~/.ssh/config/id_ed25519_foo
   Port 22222
Host piyo
   User bar
   Hostname git2.example.com
   IdentityFile ~/.ssh/config/id_ed25519_bar
   Port 20202

設定項目

項目 意味合い
Host sshコマンドで指定する接続先名。Gitで利用する場合はHostnameと合わせる必要がある
User ログインするユーザー名
Hostname 接続先のホスト名
IdentityFile 秘密鍵のパス
Port 接続先のポート
ForwardAgent プロキシサーバー側の設定。クライアントからの接続を中継するかどうか
ProxyCommand 踏み台サーバーへの接続コマンド

トラブルシューティング

GitHubにSSHで繋ぎに行ったときにError: Permission denied (publickey)と出る

GitHubへのSSH接続はUsergitでなければならない

そういえばgitコマンドはユーザー名を直に指定しているのかSSH Configでgit以外を指定していても通った気がする

GitHubにSSH接続しているときにgit clonegit pushがフリーズする

Hostの値がHostnameと異なるとフリーズすることがある

関連記事

投稿日:
OS::Windowsその他::SSH
  • %HOMEPATH%.ssh\configに以下のように設定すると踏み台サーバーを経由したSSH接続が可能
    • 設定は踏み台には証明書認証があるが、宛先にはないケースを想定
  • ssh target-host.devとすると踏み台経由でアクセス可能
    • ProxyCommandではssh.exeをフルパスで記述する必要がある
# Read more about SSH config files: https://linux.die.net/man/5/ssh_config
Host proxy.ssh-host.dev
  HostName proxy.ssh-host.dev
  User foo
  IdentityFile C:\Users\user-name\.ssh\id_rsa
  ForwardAgent yes
Host target-host.dev
  Hostname target-host.dev
  User bar
  ProxyCommand C:\Windows\System32\OpenSSH\ssh.exe -l %r -o StrictHostKeyChecking=no -o UserKnownHostsFile=/dev/null proxy.ssh-host.dev -W %h:%p