お知らせ

現在サイトのリニューアル作業中のため、全体的にページの表示が乱れています。

書いてなさ過ぎて忘れるので備忘録として書き出しておく。必要最低限の設定なので要件が他にある場合は追加が必要。

React(SPA)

SPAなのでパスがなければ全部index.htmlに飛ばす。原理はどれも同じなのでVueやAngularなどのSPAもこれで行けると思う。ケツの=404がないと無限リダイレクトを起こす。

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    root /path/to;
    index index.html;
    try_files $uri /index.html =404;
  }
}

Next.js(SSR)

SSRなのでNext.jsのサーバープロセスにリバースプロキシする。別に直結してもいいが手前にルーティング機構があるほうが便利である。

mapステートメントがあるのは、これがないとiOS Safariでアクセスできないため

map $http_upgrade $connection_upgrade {
    default upgrade;
    ''      close;
}

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    proxy_http_version 1.1;
    proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
    proxy_set_header Connection "upgrade";
    proxy_pass  http://localhost:3000;
  }

}

Next.js(SSG)

SPAではないのでパスがなければ同名のhtmlファイルに飛ばす。ケツの=404がないと無限リダイレクトを起こす。

server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;

  location / {
    root /path/to;
    index index.html;
    try_files $uri $uri.html =404;
  }

}
投稿日:
ミドルウェア::HTTPD::nginx

開発時に一々rootが持ってるフォルダを触るのが嫌でホームディレクトリ配下で作業したいというのは往々にしてあるので、それを楽にやる方法。

以下のようにnginxのルートディレクトリに適当なパスを切り、パーミッションを777にした上でシンボリックリンクを張ればよい。

sudo mkdir /var/www/html/hoge
sudo chmod 777 /var/www/html/hoge
ln -s /var/www/html/hoge hoge

ホームディレクトリをnginx設定のrootとして指定すると上手く行かなかったので、そのアプローチは諦めた。(755指定してても読みに行けない、777ならいけると思うがそれは避けたい)

確認環境

Env Ver
OS Ubuntu 20.04.4 LTS
PHP 8.0.29
nginx 1.18.0

手順

php-fpmの導入

sudo apt install php8.0-fpm
sudo sed -i -e 's/;listen.mode = 0660/listen.mode = 0666/' /etc/php/8.0/fpm/pool.d/www.conf
sudo service php8.0-fpm start

nginxの設定

設定ファイルを開きPHPを動かす設定を書く

location ~ ^/.*$ {
  root /path/to/www;
  fastcgi_pass unix:/run/php/php8.0-fpm.sock;
  fastcgi_index index.php;
  include fastcgi_params;
  fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
}

Web開発をしていると取り敢えずHTTPリクエストが取れる雑なモックサーバーが欲しくなることがあるので、その作り方。

確認環境

Env Ver
OS Windows 11 Pro
WSL2 -
Distoribution Ubuntu 20.04.4 LTS
PHP 8.0.29
nginx 1.18.0

作り方

  1. Windows側の hosts127.0.0.1 mock-server.test を追加
  2. /etc/nginx/conf.d に以下の設定ファイルを置く
server {
  listen       80;
  client_max_body_size 100m;
  server_name  mock-server.test;
  access_log   /var/log/nginx/mock-server.access.log;
  error_log    /var/log/nginx/mock-server.error.log;


  location ~ ^/.*$ {
    rewrite ^/.*$ / break;
    # リクエストパスの確認用
    proxy_set_header X-Request-Path $request_uri;
    proxy_pass  http://127.0.0.1:8888;
  }
}
  1. sudo service nginx restart
  2. モックサーバーのコードを書いて適当な場所に置く
<?php

$server_json = json_encode($_SERVER);

file_put_contents('log', "$server_json\n", FILE_APPEND);
  1. php -S localhost:8888
  2. http://localhost:8888/hoge にアクセスしログファイルに追記されることを確認
  3. おわり

おまけ

$_SERVER の中身をフィルタしたい時

<?php

$ignoreKeys = [
    'DOCUMENT_ROOT',
    'REMOTE_ADDR',
    'REMOTE_PORT',
    'SERVER_SOFTWARE',
    'SERVER_PROTOCOL',
    'SERVER_NAME',
    'SERVER_PORT',
    'REQUEST_URI',
    'SCRIPT_NAME',
    'SCRIPT_FILENAME',
    'PHP_SELF',
    'HTTP_HOST',
    'HTTP_CONNECTION',
    'HTTP_UPGRADE_INSECURE_REQUESTS',
    'HTTP_USER_AGENT',
    'HTTP_ACCEPT',
    'HTTP_ACCEPT_ENCODING',
    'HTTP_ACCEPT_LANGUAGE',
    'HTTP_CACHE_CONTROL',
    'REQUEST_TIME_FLOAT',
    'REQUEST_TIME'
];

$buff = array_filter($_SERVER, function($key) use($ignoreKeys) {
    return !in_array($key, $ignoreKeys);
}, ARRAY_FILTER_USE_KEY);

$server_json = json_encode($buff);

file_put_contents('log', "$server_json\n", FILE_APPEND);
投稿日:
ミドルウェア::HTTPD::nginxOS::Windows

ローカル環境用の開発ドメインをhttps化する時に使えるやつです
例えばローカル環境に複数のサービスがいて、それぞれをhttps://*.example.com/のようなドメインで管理したい時に使えます

確認環境

同じことをすればLinuxとかでも応用できると思う

Env Ver
nginx 1.19.8
mkcert 1.4.3
Windows 10 Pro 19043.1415

手順

  1. mkcert の導入とワイルドカード証明書の作成
choco install mkcert
# mkcertを認証局として登録
mkcert -install
# 証明書を作成するドメインを列挙
mkcert example.test *.example.test
mv _wildcard.example.com+1.* C:/nginx/conf/.ssl/
  1. nginxの設定に証明書を記載
server {
    server_name  dev.example.com;
    listen 443 ssl;

    ssl_certificate     ssl/_wildcard.example.com+1.pem;
    ssl_certificate_key ssl/_wildcard.example.com+1-key.pem;
    ...
}