502

PRIME A320I-KのM2熱問題解消について

チップセットヒートシンクの上にM2スロットのある、このマザーでM2SSDをなるべくお金をかけずに冷やせないかというのを試してみたのでそのレポート。

結果的にはチップセットから引き離せば冷えます。

熱源 on SSD

一枚目のASUSと書かれた板はチップセットのヒートシンクです。そしてその上にM2スロットがあります。

正直この配置はだめでしょーって買う前から思ってました。そしてやっぱりだめでした。

改善のために用意したもの

玄人志向のM.2(Type.M)→PCI-Express x4変換基板を手配しました。

こいつは下手なファンステーやケースファンより安い上、チップセットから物理的に隔離できるため一番現実的かなというところですね。

開封の儀?

 

本体とネジが付いてました。付属ネジ(右)はマザボ付属の比較すると太めで、おそらく専用でしょうか?写真がボケてるのは気にしない()

本体。なんの変哲もないM2拡張カードです。地味にHDD LEDピンが付いています。勿論使いました。

マザーボードに実装してみたところ。

温度比較

チップセット上

アイドル51度、CrystalDiskMark中の最大温度64度。

およそヒートシンクが付いているとは思えない温度です。

拡張カード上

アイドル31度、CrystalDiskMark中の最大温度48度。

びっくりするほど温度下がりましたし、至って普通という感じの温度ですね。

この状態なら普通に運用できそうです。やはりチップセットの上にNVMeSSD乗せるのは良くなさそうです。

もしチップセットの上にNVMeSSD乗せるとしたらこれくらいはやる必要がありそうな気がしますね…。

今回のお品

 

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。