nginxでローカル開発環境向けの認証済みの証明書を使う

ローカル環境用の開発ドメインを https 化する時に使えるやつです
例えばローカル環境に複数のサービスがいて、それぞれを https://*.example.com/ のようなドメインで管理したい時に使えます

確認環境

同じことをすれば Linux とかでも応用できると思う

EnvVer
nginx1.19.8
mkcert1.4.3
Windows 10 Pro19043.1415

手順

  1. mkcert の導入とワイルドカード証明書の作成
choco install mkcert
mkcert *.example.com 127.0.0.1
mkcert -install
mv _wildcard.example.com+1.* C:/nginx/conf/.ssl/
  1. nginx の設定に証明書を記載
server { server_name dev.example.com; listen 443 ssl; ssl_certificate ssl/_wildcard.example.com+1.pem; ssl_certificate_key ssl/_wildcard.example.com+1-key.pem; ...
}