Linuxコマンドメモ:patch

unified 形式のパッチファイルの当て方
git diff -u > diff.patch とかしたやつを当てることを想定している

サンプルコード

patch -p1 < diff.patch

解説

  • -p<n><n> は patch ファイルのパス階層をストリップする役割を持っている
  • diff ファイルに記載されているファイルパスは以下の形式のため a/, b/ が除去されてパッチが当たる仕組み
--- a/path/to/file
+++ b/path/to/file