業務用と個人用でGitHubの無料アカウントを分ける

GitHub の無料アカウントを 2 つ持つことは規約で禁じられているため、例え個人用と業務用であっても 2 つは持てないという話がまことしやかにありますが、実はそんなことはないかもよというお話です。

規約違反の根拠

GitHub は利用規約でアカウントの要件として次のことを掲げており、そのまま読むと規約違反になります。

1 人の個人または 1 つの法人が複数の無料「アカウント」を保持することはできません (コンピュータアカウントも制御することを選択した場合、それは問題ありませんが、それはコンピュータの実行にのみ使用できます)

規約違反であるという説

次の記事では規約違反であるとされており、GitHub 内部の人物からもその確認を取ったとされています。

規約違反ではないという説

次の記事では「会社側で有償のオーガニゼーションを契約し、仕事用アカウントを所属させていれば」規約違反でないとされています

問い合わせてみた結果

個人的に納得できなかったのでギットハブ・ジャパン合同会社に問い合わせてみました。

結論としては公私混同を避けるために個人用・業務用アカウントを分けるために無料アカウントを 2 つ持つことは許容されているとのことでした。この規約の存在理由としては主に OSS での荒らしの防止策のためということでしたので、会社側で有償のオーガニゼーションを契約するとかも特に不要という内容です。

プライベートの GitHub アカウントに業務の通知が貯まるとか嫌すぎるので大分助かりました。理由としては通知が邪魔くさいことと、やっぱりプライベートと業務は分けときたいよねという思いが大きいです。

例えば兼用していると SSO ログインしていない状態でも GitHub サイト右上の通知アイコンは通知ありの状態になりますし、プライベートでは SSO ログイン出来ないため通知は消化できないですし、仮に出来たとしても業務時間外に消化したくないです。

またアカウントを業務とプライベートでごっちゃにしてると著作権をはじめとした権利周りが面倒くさくなるため、それを避ける意味合いもあります。これは場合によっては功績として使えたりなどで、利点でもあるとは思うのですが、個人的には今の所その利点を切り捨てています。